上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 資金計画⇒ 情報収集⇒ 現地確認⇒ 売買契約⇒ ローン契約⇒ 残金清算・物件引渡し⇒ 入居 】

不動産購入の流れはこのようになります。

まず、購入前に「無理のない資金計画」を立てます。教育費や退職後の費用とあわせてバランスを考え、住宅を購入する費用を決めましょう。

不動産購入には物件価格に加え税金や仲介手数料などの「諸費用」がかかります。
諸費用は現金で用意しましょう。
物件価格に対して、10%~15%ほどを目安にしましょう。

頭金の計画を立てましょう。中古物件は物件価格の2割ほど頭金のご用意を。
家を購入後は、住宅ローン返済に加え、固定資産税や都市計画税、修繕積立金が住居費に加わります。
店舗内のトイレ改修工事を行いました。

落ち着いた雰囲気の料亭です。

今回は合計3ヶ所、施工させていただきました。
既存の御影石を割っての配管でした。

<既存トイレ>
宝トイレbe

<新設トイレ>


【その他工事内容】
* 建具変更 (内開き→外開き)
* 小物取付

【工事日数】
7日 (店舗営業のため3ヶ所一斉ではなく、順次施工)

【工事価格】
約 93 万円 (税込)
本日の新聞記事に、こんなものがありました。

冬場の入浴、お年寄りはご注意を-。急激な温度変化で脳卒中や心筋梗(こう)塞(そく)を起こしたりする「ヒートショック」について神戸市消防局が注意を呼びかけている。寒い時期に高齢者が暖かい居間から冷えた風呂場へ移動したり、急に熱い湯につかって症状が出るケースが多く、今年は11月末までに657人の救急出動要請があった。さらに冷え込みが予想される本格的な冬の到来に向け、同局は警戒を強めている。(産経新聞)

たしかに、元気な者でも、暖房室を非暖房室の温度差があるとブルっとなります。
そりゃ、身体の負担になりますね。

さてさて、地中熱の家、体感ハウス。
登場は少なくなってきましたが、2年目の冬、最近のデータです。

IMG_1654.jpg

すっかり冷え込み始めた丹波です。

地中温度 18℃
外気温  1℃
室内気温(1F):16℃ (2F):15℃
湿度 43%

となっております。
ルームエアコン、各種ストーブ、ホットカーペット等は使用しておりません。
使っているのは、お布団に湯たんぽだけです。

ご興味のある方は、いつでも連絡ください(※体感ハウスは要予約です)


外務省の写真広報誌『にぽにか』のWEB版が情報更新され、地中熱利用換気システム(GEOパワーシステム)が紹介おります!!


特集企画のテーマは「これがジャパンクオリティ・安心、安全を提供するニッポン」。ジオパワーシステムは「暮らしを支えるジャパン・クオリティ」として、TOTOのハイテク
トイレや、ホンダのモビリティなどとともに掲載されています。

同号に掲載されているのは、新幹線(安心・安全かつ速さ、清掃マジック)、日本の車、物流、コンビニなどなど錚々たる!?メンバーです。笑

GEOパワー以外も、読み応えありますよ。

GEOパワーシステム紹介ページ(電子ブック版)
http://web-japan.org/niponica/ebook/niponica10/ja/index.html#page=17

地中熱利用換気システムは次のような方にオススメです。

•従来のエアコンの風が苦手。
•子どもたちの体温調節機能低下の記事が気になる。
•脳卒中などの予防として建物内の寒暖差をなくしたい。
•花粉症などで空気環境が気になっている。
•エネルギーの無駄遣いをしたくない。
•環境のため多少の不便さを楽しめる心を持っている。

家づくりはいろいろ考えることがあって、
いろいろ考えると難しいけれど、
やっぱり家族が笑顔で生活できると、うれしいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。