上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
叔母様が風水に凝っていらっしゃるとの質問ですね。

一生暮らす家なのですから、いろいろな面から家づくりを考えてみたいとおっしゃるのはもっともなことです。

ましてや身内の方のご意見ともなると、そう簡単に無視することもできないでしょう。

あなたがこれから計画するクレアの家はすでに出来上がっている企画住宅ではありません。

間取りや仕様は自由に設計することができるのです。
風水や家相に興味のある方は、打ち合わせの段階で遠慮なくそうおっしゃってください。
Dr.●●でも、細●●子でも。

懲りすぎて・・・、という方もご相談くださいね。笑

(注)風水や家相のことにまったく触れない家づくりはよくありません。
鬼門にトイレや浴室を避けるなどの最低限の注意を払うことは大切です。

クレアの社長本棚にも『Dr.~の風水術』なる本が並んでおります。
社長はじめ、スタッフはどちらかというと風水等には「凝らない」タイプです。
しかし、それは例えば
「西に黄色のものをおくといいので、西側だけは黄色の外壁にしましょう!!」
といった提案をしないということです。

ファーストプランでは、鬼門の通りに水廻り等を配置するといったことは決して行いません。

鬼門だから何かが起こる!!といったことは科学的に明らかな根拠はありません。

し!か!し!!!
鬼門に水廻り・・・、とあまり笑顔になる間取りではありませんよね。
別プランが可能ならば、そのプランを精一杯考えて、ご提案しています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/90-b6d34b34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。