上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は小野市I邸の地鎮祭でした。
夫婦ともに教師(旦那さんは中学校、奥さんは小学校)をされていて、かわいいお子様は2歳でなりたてのご家庭です。

週間予報を覆す絶好の天気で、施主さまご家族、工事関係者ともに爽やかな汗をかきながら、無事予定通り執り行われました。

さて、地鎮祭とは??と思われる方のために、ちょっとしたご説明を。

 ??地鎮祭??

*********************
日本では、古くから家を建てるとき、祭りと言うことが必ず行われてきました。
祭りは、元来、神にまつらい(帰服)、神の恩恵に感謝し、神々のご照覧のもとに、常に正しく、明るく、睦まじく生きようと願う人々の神々に対する崇敬を表したものです。
このような神々への崇敬の心をもって執り行われる行事が地鎮祭です。

地鎮祭は、一般に、神式で行われています。
神官が主斉し、参列者の心身を祓い清めて、その土地の守護神をお迎えし、神饌(神が召し上がる神酒、食物)を供え、祝詞(のりと)を捧げて、工事の無事進工、竣工と、土地・建物の安全、堅固、弥栄を祈願して古式に則って行います。
*********************


というものです。こういった儀式、私はすごく好きです。
何でもデジタル化、機械化、無機質化が進む現代社会。神の恩恵を感謝する、神々に崇敬する、そういった気持ちを持つもの大切だと思います。


ここで、もう一つオドロキのご説明を。
実はこの施主様のお子様、私の甥っ子になるのです 笑
つまり、この奥様は私の実姉になるのです 笑笑
実は会社HPのトップにもこの甥っ子がおります。 笑笑笑


こんな会社です。団欒がはぐくまれないワケがない!! 笑

I邸 地鎮祭


おきよめ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/9-9aab3b00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。