上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.24 ファンタジー
あさ。

200m先から次々と現れる・・・

!?

・・・車。

通勤中のできごとです。
106の住む丹波地方では有名な(当たり前な)『丹波霧』が出始めました。

盆地とか緯度とか経度とか、ほんとこの地方特有の『霧』です。

この霧のおかげ(?)で黒豆とかおいしいらしいです。いや、霧が直接というより、霧が出るような気候が、ですね。

高校まで冬の登校時には当たり前の景色でした。「朝は真っ白になる」ということが。朝練で少しでも走ろうものなら、チャリンコで駅に向かおうものなら、どんなに髪が、制服が潤ったことか。人によっては眉毛や睫毛(まつげ)まで。

地元を離れ生活すると、真っ白になったのは秋冬の山でのキャンプ中くらい。

もちろん、雪山にいると真っ白な景色ではありますが、雪の景色と霧の景色はまったく違います。

雪景色の場合、なんだか明るくなるでしょ?
霧の場合、ほんとにSF映画のような感じ。全然前が見えないんです。そして、次から次から景色や車が浮かんでくるかんじ。

今朝は、ここ最近で1番の霧でした。
「はじめてこの霧を運転するのは怖いやろなー」と、ゆっくり走る車とすれ違いながら思いました。

そして、日が昇ると、例によって快晴!!
霧の出た日は、いい天気なのです。

そんなわけで、きもちいい午前を過ごしております。

今夜はマルシェ(フットサル)の日だ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/78-c9b84276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。