FC2ブログ
中学三年のときの夏休みの宿題、読書感想文は「マディソン郡の橋」で書いた、あーです。
映画にもドラマにも?ミュージカルにもなった、“フリン”のお話です。
今よりはウブでピュアだった田舎の青春真っ盛りだった中三坊主は、
「いろんな好きがあっていいと思う」みたいなことでまとめてました、たぶん。笑

国語科の先生、担任の先生から特別呼び出しを、
ではなく、まあまあな評価をもらえた記憶が。笑

でももし、娘が中三になって、同じこと書いてたらザワザワしちゃうな、きっと。笑
41EFQREDN6L__SY445_.jpg

そんな頃から、ちょっとした作文は好きでした。
だからでもないけれど、合格物語2019の活用の+αとして、ブログ大賞にも登録!
というかエントリー開始前から、ブログはスタートさせてた。
2018は、気付くのも遅かったし、眺めてるだけ。

おそらく勉強ブログとして王道は、
学習記録とか、学習まとめとか、
あとはなんだ、自分のインプットアウトプットを文章化して整理!
なんなら設計製図試験の記述にも活用!!
さらには、受験仲間や後進たちのテキストや指導になれば!!!
みたいなことなんだろうなああ、とは感じつつ、

このブログは、あっという間に、そっちじゃない道に。苦笑
なんとなく、「自分へのお手紙感覚」でした、特に後半は。
いや、単に日記かな。笑

(こっからが本題になるかと。。。)
<※今まで通りツラツラ書きますが、あくまでも個人的感想です!>

テキストの項目を1から100まで読んで、次に101から200まで読んで、
問題で4番のこと聞かれて、ささっと、脳みその引き出しの4番をスッと開けれるなら、
そりゃあーそれがベストでしょう。笑

けれども、僕の脳みそには、莫大な試験内容のあれこれに対して
スマートな引き出しは無くて。
シナプスとも呼べないような紐というか網というか、
法規と構造、法規と環境、みたいな科目横断に留まらず、
日常生活のあれこれを試験内容にどうにかこうにか結び付けてました。
(もちろん、合格物語や過去本試験も含めて)

ブログでは、我ながらふざけてんの?てくらい、とんでもない方向から過去問をかみ砕いて。笑
でもそれは、結構まじめに噛み砕いてて。笑
それが、コジツケ好きの僕には合ってて。過去問の精度はぐぐぐぐっとあがった、
気がしてる。笑

ブログ開始当初は、計画を○○問ほど、構造を△△問、みたいなことも書いてたけど、
年を越す前には「この記録は、いらんな」と思い始め、
より日常生活の何かから「キーワード検索」して、
過去問にたどり着いて、解く、確認する、という流れに。

雪が降ったから積雪荷重、なんてのは序の口で、
法20条の①構造方法と②構造計算をダウンタウンのまっちゃんはまちゃんにしてみたり。

だって、●月×日に何問解いたかなんて記録は《今後の受験生の道しるべ》にはなれど、
「ああ、あの出来事からのこの問題ね」
なんていう、《自分の脳みその過去問の道しるべ》にはならないな、と。

誰かの言葉を借りれば、『記録より記憶に残す』てやつです。
それでも開始2日目で「世界のナベアツ」を引っ張ってきてるな。笑笑

つまり、人様に見せるための見栄えのいいブログは全く目指さず、
ほぼ「日記」に近い感じにして、見返した時に、当時の自分の体温が感じられるように、
という感じで毎日ブログを書いてました。笑

そんなこんなでこのブログは合格物語の検索機能様様でしたな。

結果、王道勉強ブログではないだろうけれど、
寛容なココロで考えれば、「インプット、アウトプット」なのかしら?笑

まあ、春以降、ブログを読んだ方々から
「あーさん、余裕だね」と思われてたのは感じました。苦笑
実際言われたし、自分でも、呑気な日記だったと思う。笑笑


決して余裕なんてなかったけどね。それはブログだからね。笑
「今日も勉強できなかった」とか「ブログ書かずに勉強したらよかった」とか
わざわざネガティブなこと書く必要をまっったく感じなくて。
まず、時間の大小はあれど毎日勉強することは固辞したし、
ブログ内でも過去問必ず触れることにしてたし。


なんてこともごくまれーに思いながら。
ちょっとだけ、文字を小さくしてますが。
でも、ま、やっぱり呑気なことを書いてましたな。笑

ただそれが呑気だったとしても(ち、違うけど笑)、
11月からでも続けることで250日以上あるわけで、
それが1日5分だろうが30分だろうが、
負の感情を綴るより、過去問やる方がプラスなわけで。
そのあたりの時間利用法はシビアに判断した方が、いいのかと。
限られた時間の中で受験勉強してる大半の方は、そこ(時間の無駄遣い)が1番大事かと。

ブログを書くのは、なんとなくメリット多めだと思うし、
僕にはいいペース、いい時間になったのは間違いない。
あくまで僕には、ね。(呑気な内容だったけども!)

もし、どこかの受験生さんに「書こうかな」と聞かれれば
「書いてみればいいんじゃない?」とおススメはする。

でも、それなりの勉強のペース作れない人とか
ブログ評価を気にしまくる人は、向いてないと思うよ。
本人はその気になってても、
勉強ゼロのブログ書きになったら、貴重な時間の無駄遣いでしかないかと。

あ。

つまり、その人の勉強方法による、みたいな無責任な振り返りになってきたかも。
ごめんなさーい。苦笑 

合格物語やブログ大賞に限らず
合格したいなら、使えるものは全部使えばいいと思ってまーす。
もちろん、モラルは忘れたらあかんけど。

(もう十分、長文なんだけど)
パソコンでカタカタ打ち始める直前は、
三谷幸喜(好きな脚本家)やヨーロッパ企画(好きな劇団)の話から
頭の体操?記憶の知恵の輪?伏線回収?快感?
みたいなことで、ブログ大賞を振り返るつもりだったのに。。。苦笑

あ!!
その時点で、王道の振り返りではないのか!?

でもまあ、こんな感じで、その時思ったことを、なんとか過去問に結び付けてたら
過去問の精度は爆あがりしましたよ、たぶん。笑

だから今日のタイトルは、ここ(ヨーロッパ企画)から引っ張ってきたんです。。。笑
img_0_m.jpg
ああ、やっぱりヨーロッパ企画の話にすべきだったかなあ。笑

ちなみに、『ブルース』てなんやっけ?となりまして。
合格物語2019のキーワード検索ではゼロだったので、ヤホーさんで。笑

『ブルース』とは、もともと、抑圧されてしんどい環境で働いていた人たちが、
ただただ悲哀だけをネガティブに歌っていてもはじまらねえから、
節をつけて無理やり愚痴を陽気に歌ってみた、というノリの音楽みたいです。

おお!、つながった!? 
まさに試験勉強の悲哀を陽気にブログにノリノリ書いてみた、みたいな。笑

ん?いや、悲哀あったか?笑
つながってないかもだけど、つながったこととします。笑

起承転結を目指して、起転転転転、急に結!
になりがちで、いつも長ブログになってしまいましたが、
今回は特にですな。苦笑

ただ、学科の引き出しは「転転転」できると、スムーズに開くようになりますよ。
きっと。たぶん。笑

なにはともあれ、とりあえずは学科受験仲間を応援して、
今日はおしまい。笑

このブログも、急に結、となるかもだけど、
とりあえず受験生の間は、書き続けようっと。

僕はブログ大賞2020にはエントリーできないけど。笑
エントリーのチャンスがある方はぜひ。

ちなみに合格物語2019でキーワード検索すると
「エントリー」や「チャンス」は0問。笑

「2020」は4科目、12問のヒット。
ただ、これはH20の類似問題にヒットしてるっぽいけど。汗
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/285-615dde15