FC2ブログ
2019.07.07 DAY243 七夕
いつも通り朝早く家を出て、勉強スペースについたら
「ムスメ織姫が、今日の晩御飯は七夕パーティーするよー!と張り切ってるよ」と、嫁LINEがきて、
午前中からソワソワしてる、あーです。笑
1121973-768x576.jpg

そっか。七夕かー。短冊しようと思って、し忘れてたー!!
そしてたぶん、今日は2級建築士の学科試験日なのかな。

ということで、今日の過去問キーワード検索『7日
申請期間とかかなー、と思っていたら、もろもろで17問。
法令や施工指針の公示日とかは、とりあえず置いといて。笑

11044 → ×
騒音規制法に基づく特定建設作業実施届出書を警察署長あてに提出した

市役所から催促されたやつ。ほんとは1週間前ですよ、て言われたやつ。苦笑
かなり頻出問題。

ちなみに
「特定粉じん排出等作業実施届出書」「都道府県知事」に提出します

27042
特定建築材料(吹付けアスベストやアスベストを含有する保温材等)が使用されている建築物の解体工事を施工するに当たり,当該作業の開始の14日前までに,「特定粉じん排出等作業実施届出書」を,都道府県知事あてに提出した

あ。昨年に合体したいやらしい問題が。。。
30043 → ×
騒音規制法に基づく「特定建設作業実施届出書」を,工事施工者が,作業の開始の日の7日前までに,労働基準監督署長に提出した

さて、7日問題のつづき。
型枠工事
27093
計画供用期間の級が「標準」の建築物において,普通ポルトランドセメントを使用したコンクリートの湿潤養生を透水性の小さいせき板による被覆で行う計画としたので,コンクリート部分の厚さが20cmの壁のせき板については,5日間存置した

【解説】
計画供用期間の級が「短期および標準」の建築物において,早強ポルトランドセメントを使用した場合は3日以上,
普通ポルトランドセメントを用いた場合は5日以上,
中庸熱ポルトランドセメントなどを用いた場合は7日以上は湿潤養生としなければならない
.原則として,型枠は湿潤養生が終了するまでは取り外さない


17124 → ×
建築物の計画供用期間の級が「長期」の場合,普通ポルトランドセメントを用いるコンクリートの打込み後の湿潤養生の期間は,5日間以上とする

【解説】
打込み後のコンクリートは,透水性の小さいせき板による被覆,養生マットまたは水密シートによる被覆,散水・噴霧,膜養生剤の塗布などにより湿潤養生を行う.その期間は,「計画供用期間の級」が標準で,普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートの湿潤養生は5日間以上,「計画供用期間の級」が長期で,普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートの湿潤養生は7日間以上である.


存置期間ねー。ややこしいとこだー。
支柱の存置期間やらあったりしたよね。
あと、混同しやすいのが『湿潤養生期間』。まさに、今、これ。
ちょっとだけ、違うんよね。。。

1つずつは難しい数字じゃないねんけどなー。。。

表を眺めるようにするか!
七夕(7日)になるやつから、攻めていこかな。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/248-3eb284a9