FC2ブログ
2019.06.14 DAY220 公共もん
ギャンブルはほとんどやらない、あーです。
20年近く前、飲み会までに時間があったので、
先輩に連れていかれた初めてパチンコ屋では、
3000円のカード買って、あっという間に終わりました。
それ以来、パチンコ屋さんはトイレ借りたことがある程度。

あとは、大人同士(学生時代含む)のプレゼント交換的なときに
100~300円の宝くじをあげるくらい。
盛り上がりに対するコストパフォーマンスはかなり高いんです。笑

なんですが、
たまーに市や県の入札に入るときがありまして。
指名の時だけ、参加するんです。
そんな時は、ほぼほぼ『オイチョカブ』で金額決めたり。笑
クッピンとかシッピンとか。
FcQYzGdv_400x400.jpg

入札て、個人的には当てもんやと思ってます。
なんて書いてたら、怒られるかなーーー 苦笑
今週、ポンポンポンと4つ指名入札案件が届きまして、
ちょいと愚痴っぽくなりました!笑
ということで、過去問キーワード検索『公共』

むっちゃヒットする。
そうか、施工科目の解説に『公共建築改修工事標準仕様書』あるもんね。。。

施工 23012 → ×
公共建築工事において,工事に関連して発見された文化財その他の埋蔵物の発見者としての権利は,一般に,発注者と請負者が等しい割合で保有する

請負者はそんな所有権ないからねー。
だって工事の請負だから。たまたま、出てきただけ。
という感覚でいいのかな。

これ、貴重なものだと、発注者が引き取るんだけど、
中途半端に面倒なコンガラとか出てくると、
こっち(施工者)が処理してたんやけど、
ほんまは処分費もらってええんやろなー。笑
ああ、悲しき優しさ。笑

うちの地元は、田舎だからというか『伝統的建造物群保存地区』なんてのがあったり
掘削前に、教育委員会の『遺跡調査』が必要だったりする。

同じ市役所の中なのに、公共工事の担当課と教育委員会のつながりが悪い時もあって。。。

あ、また負の言葉を吐きそうになってた!笑

さ、入札金額は、そんなに悩まんとさっさと済まして
勉強頑張らなきゃ!

本試験は、適当にギャンブルしないぞー!!

て、今日は我ながら、内容、うっすいなー。苦笑

なんで、往生際悪く、『薄い』で検索。笑

構造 16222
集成材のアーチ材を製造する場合,アーチ材の湾曲部の曲率半径が小さいほど薄いひき板(ラミナ)を用いる

ああ!ウラ模試①! しかも間違えたやつ!!苦笑

僕は案外、問題文に「半径」が出てきたら鬼門かもしれない。。
よく間違える。
(本当は知識と過去問の精度の問題やけど)

なんで、しぶとく『半径』で検索!
そして、こちらもウラ模試①
構造 22152
鉄骨構造の圧縮材の許容圧縮応力度は,鋼材及び部材の座屈長さが同じ場合,座屈軸回りの断面二次半径が小さいほど大きくなる

断面二次半径から、細長比へたどり着かないとアカン問題。
模試でできなかったやつだー!

細長比はイメージできる。
断面二次半径?
これがわかんないので、ちらほら調べてみると、
断面二次半径 = 座屈しやすさを表してて、
数字が大きいほど、座屈しにくい

てことは、細長比とは大小が逆か!?
【解説 22152】
座屈長さが同じ場合,断面ニ次半径が小さくなると細長比(座屈長さ/最小断面ニ次半径)は大きくなるので,座屈しやすくなり,圧縮材の許容圧縮応力度は小さくなる


んん?
断面二次半径が小さくなると、細長比は大きくなる
細長比が大きくなると、座屈しやすくなる。
座屈しやすくなると、許容圧縮応力度は小さくなる。


うんうん。
「許容応力度」てのは
部材に働くことが「許容」された「応力度」。

座屈しやすいなら許容される応力度は小さいわな。

うんうん。かみ砕けば、飲み込めたっぽいぞ!
ということで、薄い文章から、ねちっこい文章になってしもた!
靭性高めの投稿でした!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/225-fb44aacb