FC2ブログ
高校生のころに、島田紳助著のこんな本を読んだ、あーです。
たぶん、今も実家にあるはず。
41HHMB4ZE9L.jpg

今日、ちょいと合間に、YOUTUBEで
(作業用BGMをかけるので)
何本か島田紳助トーク集みたなものを、聞き流しておりました。

その中で「どうすれば上手に話せますか?」という質問に対して
「話の上手いやつは、その状況の絵が見えてるねん。
だから考えてしゃべるんやなくて、その絵を見ながら、それを説明するねん。
だから噛まへんし、リアルな感じが伝えられるねん。イメージ化や、イメージ化!」

と答えてました。
試験のきっとそう。笑

字面だけで〇×考えて解くのではなく、
出題されていることをイメージして、
自分の引き出しから聞かれていることをアウトプットする!

ま、トークの上手い下手はイメージ化だけではなく、
リズムと音程があるけどな、と加えてましたが。笑

ということで、過去問キーワード検索は「田舎」で。
27042
畳の割付けにおいて,田舎間は柱心の間隔を基準寸法の整数倍とし,京間は柱と柱の内法寸法を基準寸法の整数倍とする

茶室の流れなのか、和室、畳って日本独自のものが残ってます。
風情というか風習というか。
僕はそういうの、好きです。
でも、試験に対しては細かいこと聞かれたくないなあ。笑

江戸間、京間、関西間。九州間とか。
ちなみに、江戸間=田舎間なのが、なかなかしっくりこない。笑

あ、えせ田舎!笑

さあ、4月も後半突入だ!
がんばろう!!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/162-58a1b9ed