FC2ブログ
高校生の頃ピアノを習っていた、あーです。
おっちゃんになって、くわえ煙草を無造作に押し消して、
ポロロロローン♪と楽譜なしで、ピアノを弾く。

かっこええやん、それ。と思って習ってたわけですが、
弾けたのは20歳までですねーー。。
一人暮らしを始めて機会も減って、今じゃ全然。
その20年近く前に僕がピアノを習ってた教室に、
昨年の夏前から娘が通ってます。
なんと、今のおうちのお隣さん。笑 縁です。
娘は僕が習っていた先生の娘さんに習ってます。

その教室の小さな発表会がありました。
IMG_3016.jpg

席から写真を撮ったら、娘より先生(僕が教えてもらってた方)を撮ってるみたいで
なんだかはずかしかった発表会でした。笑

それでもいい時間を過ごせました。
またピアノを弾けるようになりたいなーー。

ということで、今日のキーワード検索。
ピアノ」。はさすがに無いかー
と思ってたらありました!!

18092 → ×
「まつかわぼっくす」(宮脇檀,1971年)は,1階を生活部分,2階を仕事場に分ける明快な空間構成とし,2階のアトリエとピアノ室は,それぞれトップライトのある寄棟屋根としている

まつかわぼっくす(宮脇檀,1971年)
三方を建物で囲み,一方は壁で塞いだ準コートハウス形式の住宅である.2階から中庭への視線をあえて遮ることにより,中庭の求心性を高めている.RCの内側に木構造を納めた形式は,その構造的な対比によって混構造住宅の典型となっている.後に南東側に建物が増築され,コートハウス形式の住宅となった

miyawaki_IMG_1236.jpg
img_1.jpg

夫婦屋根の家(1968 山下和正)
画家とピアニストの夫婦の家。コンクリートブロック造の2階建ての構造になっており、ブロックの質感を活かした外観となっている。
1階を生活部分、2階を仕事場に分ける明快な空間構成となっており、2階はアトリエとピアノ室により構成され、それぞれトップライトのある奇棟屋根の形状となっている。

meotoyane_no_ie01.jpg

おー昨日から1970年前後が出てきますなー
横浜と東京かー
僕はまだ生まれていません。笑

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/154-0fc73700