FC2ブログ
ホワイトデーはずっと「いちご大福」を返している、あーです。
娘ちゃんと、奥様と、母上に。
友人が、和菓子屋の大将なんですが、
ひいき目なしで、抜群に美味しいのです。
IMG_2797.jpg

なので、今年も含めここ数年、ずっと。
ちょいと遠回りになるけど、直前に電話して。

というのも、昨晩寝る前に
「今年は無いんかなー、愉しみやなー、あのいちご大福おいしいなあ」
と、娘ちゃんが言うもんで。
行かないわけにはいかない。笑

毎年、ちょっとだけ渡し方を変えてまして、
それも娘ちゃんは愉しみにしてて、
毎年、自分を追い込んでます。笑

さて、そんなことで「イチゴ」→「15条」で検索すると
なんと学科Ⅳ構造でヒット。
しかもSRC!おお、最近やったぞ!?
あと、学科Ⅴ施工でもヒットしました。

17121
柱及び梁の勒性を確保するために,部材がせん断破壊する以前に曲げ降伏するように設計した

いつもより過去の問題だけど、これ大事なやつ。(たぶん)
せん断破壊する前に、曲げ降伏させなきゃいけない。
だから靱性を高めるために、せん断耐力を高めなきゃいけない。

まさに字面だけだと、謎かけみたいに見えてくるけど。笑

降伏も大福に似てるな。笑

ちなみにこの問題のどこに「15」がヒットしたかというと
鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説15条にこの辺のことが書いてあるらしい。
へーーー。

も少し詳細を書き加えると
柱はり接合部のせん断補強筋については
一般にその間隔を,150mm以下
かつ,隣接する柱のせん断補強筋間隔の1.5倍以下とし、
せん断補強筋比については,0.2%以上とする

ほほー。
いちご大福はせん断補強筋やな。笑
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kiyoshi106.blog64.fc2.com/tb.php/131-800b4d93