FC2ブログ
今年のノートは、シャーペンがメインの、あーです。
昨年はほぼまとめノートみたいなのは作成してません。

今年もいわゆる「まとめノート」は作っていないはずです。
「思い出しノート」というか「忘そうなことノート」というか。

そんな感じで手を動かして、つらつら書いてます。
といっても、法規と環境と構造文章題。(力学はまた別として)

ちなみに法令集の線引きも、基本的にはシャーペンさんのみで。

だから、例年になくとっても地味です。
自分でも、「引いてる??」て目を凝らしたくなるほど。笑

IMG_2689.jpg

てなことで、昨日は27日だったし、法27条、つまり別表1をさらさら書き綴ってみました。
もちろん、法令集を見ながらですが。
「耐火建築物にしなければいけないもの」と
「耐火建築物又は準耐火~」に分けて書いてみました。

最初は「お!」と思いましたが、
なんだかんだで別表1の方がちゃんとわかりやすいかもと。

さあ、あと何回別表1を引くのかなああああ

明日は施主検査!
そして週末は、講習会!!

がんばります! 
スポンサーサイト



2019.02.27 DAY114 消防検査
10年ちょっと前に600人ほどの前、アマチュア創作演劇で脱藩志士をした、あーです。
地元の友人が劇団立ち上げて、年に一度の大きな公演で、6人ほどが主役?の劇でした。
その2年後には、同じ大きな公演の約60分の脚本も書きました。

そんな今日は「新撰組の日」らしいです。
受験仲間情報によると、新撰組の羽織の青色は、夜でも見やすいようにだとか。
プルキンエらしいです、これ。

さてさて、ハブラシ工場。
そんな新撰組の羽織とは対照的な真っ赤な車が現場に来ました。
消防本部の検査です。
ここは、消化栓も非常照明もスプリンクラーも不要なんです。
なので、消火器の設置と、自火報の検査でした。

IMG_2685.jpg

警報機の奥に見えるのは、自火報をあぶってる最中です。
一緒に立ち合いしてましたら、
1Fの警報機のボタン押しや、通話確認やら出番が回ってきました。

IMG_2682.jpg

また、署員の方とクロスのラベルについて話すことがあり、
「何回言っても検査の時に、付けてない施工会社もある」とか。
でもまあ、検査の時も、赤や緑のチェックこそあれ、
クロスの品番確認までしてるの見たことないですが。笑

で、さらっと、
ここは倍読みなんで、不燃材の確認がちゃんとできないとねー」と。
試験に出てくる「倍読み」「3倍読み」は屋内消火栓ですね!!

30251
主要構造部を準耐火構造とした延べ面積1,500㎡,地上2階建ての共同住宅で,壁及び天井の室内に面する部分の仕上げを難燃材料でしたものについては,原則として,屋内消火栓設備を設置しなければならない

自火報は次のといに
30252
地上3階建ての事務所で,各階の床面積が300㎡のものについては,原則として,3階に自動火災報知設備を設置しなければならない

うんうん、実務に反映。
いや、試験に反映か?笑

施工だけじゃない現場でお勉強の検査でした。
ちなみに午後は、完了検査。(無事合格)

こちらも試験に出てくるところでしたー!!
そら、建築の試験ですもの、あれこれ関係してきて当たり前!
がんばろう!
夕焼け空が好きな、あーです。
いや、真っ昼間の空も、早朝の空も好きでした。

ありがたいことに、今住んでるところ(生まれたところ)は、空が広いです。
盆地なんで360度、最終的には低い山ですが。笑
山の民の、あーです。

さて、夕やけの、日が山の向こうに沈んだ時間や
朝の山より高く日が昇る前の時間、いい感じです。

マジックアワーと言ったような、ちがったような。
山の稜線がくっきり、でも山自体はシルエットで。

今日も現場で、この時間を迎えたら、まだ青空の残っているところに
飛行機雲が。
hikouki.jpeg

今日も無事済んだなあ、と思っていたら
お待たせしているお客さんから「工事まだかいー?」
と、軽く牽制球があちこちから飛んできました。
3月も忙しいなああ。汗

さて、過去問検索は「飛行機」
あるやん。笑
11223
泡消火設備は,自動車修理場,駐車場,指定可燃物の貯蔵所などを対象とし,泡による窒息効果と冷却効果により消火する

だいぶ前の出題でした!
けれども、
27182 → ×
泡消火設備は,冷却効果によって消火する設備であり,発電機等の機械室に設置される

飛行機に反応することより、
消火設備が泡やガスや粉末、水噴霧の違い。
窒息効果と冷却効果など、この辺を整理しとく問題ですね。

これからは飛行機雲みたら消火設備、頭の中でおさらいしようっと。
ということは、これもイメージしよう。笑

img_0.jpg

受からねば!(今年こそ)
2019.02.25 DAY112 塗床
耳たぶに吹き出物ができてピアス失敗したみたいになってる、あーです。

さて、ハブラシ工場の現場は大詰め。
工場部分の床仕上げにかかってます。

プライマー塗って
nuri1.jpeg

下塗りして
nuri2.jpeg

仕上げ。
nuri3.jpeg

ぴっかぴか。

金閣寺みたい。笑
knk_knk1.jpg

過去問で「塗り床」を検索すると、、、
おっと10年以上前。。。
19181 → 〇
厨房の塗り床仕上げにおいて,短期間の施工が可能で,耐薬品性及び耐候性に優れているメタクリル樹脂系塗床材を採用した

ちなみに今回、現場で施工したのは
エポキシ樹脂系塗床材。

メタクリル樹脂とエポキシ樹脂の違いは
速硬化性、接着性、耐溶剤性とかかな。。。 (注:カタログ情報)
あ、出題内容やん!
「わかってますか?」という出題者のメッセージか!?
いやー、これはピンポイントで判断できるのは、
今日の現場の職人の中でも何人いるのか。。。汗

おまけに「金閣寺」を検索すると
19242
鹿苑寺金閣(京都市)は,方形造りの舎利殿で,最上層を禅宗様仏堂風,二層を和様仏堂風,初層を住宅風とした三層の建築物である

出てた! というより、同じ年やん!

まさか出題者たちも同じこと思ったのか!?笑

いや、出題者たちは現場の人ではないか。笑
現場の裏山でウグイスが鳴きだしました。
それでも風はまだまだ冷たいと感じる、あーです。

ウグイスは春告鳥とも書くとか。

ここでちょっと、疑問。
ウグイスは春だけ「ホーホケキョ」と鳴くのか?

Yahooさんで調べてみると、
*******************
ウグイスは冬の間は暖かいところにいて、春がくるとササが茂った山野に来て子育てを始める。
この春の子育てシーズンにオスがメスを誘うために「ホーホケキョ」と鳴くのである。
で、繁殖期がおわる秋ころになると「ホーホケキョ」とは鳴かずに「チャッチャッ」という小さな声で鳴くのだそうだ。
ということで、ウグイスが「ホーホケキョ」と鳴くのは春から夏のみだったのだ。

鳴き方が季節によって変わるのは日照時間の影響らしく、
日が長くなるとオスの体内で特別な物資が増え、
脳が刺激されてノドの筋肉もついて「ホーホケキョ」の鳴き方ができるようになるのだとか。

ところで、ウグイスはオスしか鳴かないが人間界で「ウグイス」といえば「ウグイス嬢」と女性を指す。
広辞苑によると、「ウグイス嬢とは(ウグイスの美しい鳴き声にたとえて)電話交換手のこと。
またはアナウンスを担当する女性。」とある。
何故女性限定でウグイスなのか正確なところはつかめず……残念。
美しい鳴き声にたとえて、ということで女性か……と無理やり納得。
ちなみに選挙カーに乗って候補者の応援アナウンスをする女性は「ウグイス嬢」と呼ばれるが
その男性版は「カラス」というのだそうだ。カラス……。。。
************************

と、最初の疑問より、後半の方が不思議いっぱいでした。笑
あと、日照時間も関係してるなんて。

さて、土日は奥さまお弁当がお休みなので、外食が多くなります。
で、今日は現場の都合もあって、たまに長居して勉強する喫茶店へ。

kouryo.jpeg

構造文章を小一時間、やりました。
あれ、「考慮する」て言葉がやたら目につく。
過去問検索かけたら、376問!!

そりゃ、建築するのに、考慮することはたくさんありますもんね!!
構造に限らず、各科目でヒットしました。汗

考慮する → 〇問、なんて安易な解答ではなく
しっかり解いていかなくては!

30183
鉄骨構造の耐震計算フローの「ルート3」で計算する場合,筋かいの有効細長比や柱及び梁の幅厚比等を考慮して構造特性係数Dsを算出する。

ちなみに僕は
鳴かぬなら鳴かしてみせようホトトギス、タイプかなあ 笑

ちょっと引用部分ながくなりました。。。汗
高校時代の3年足らずだけピアノを習ってた、あーです。
「おっちゃんになって弾けたら、かっこいいなあ」と思って習い、
小学生たちに混じって発表会に出て、
皆がクラッシックの楽曲をチャラランと上手に弾く中で、
一人、X JAPANの「エンドレスレイン」を弾き語りした、あーです。笑

なのに、今は、ほとんど弾けません。。。

ということで(?)、音といえば、ラウドネス曲線
(他にもいっぱいありますが)
音の聞こえ方曲線、ですね。

等ラウドネス曲線

人の耳の特長としては・・・
低い周波数の感度が悪い(鈍感)
3000~4000Hz付近の音の感度が良い(敏感)
5000Hz以上の高い音の感度が悪い


あと二級の時だったか、社会福祉士の試験で勉強したのか、
高齢になると一般的に高い周波数の音が聴こえづらくなるとか、問題にならないかなー
とか思ったり。

過去問検索だと、5件ヒット。
30093
音の大きさの感覚量は,音圧レベルが一定の場合,低音域で小さく,3~4kHz付近で最大となる

昨日に引き続き、この前でてるやーん。
ま、これは迷わず進めれてはず。

これは合格物語講習会でも言われてましたが、
講師のアリさんゴマさんペンギンさんをそれぞれイメージすると、わかりやすいかも。笑
もしくは、身近な声が低い人高い人、音圧高目な人をイメージするとか。

そう考えるとX JAPANのTOSHIはペンギンさんで、アリさんはYOSHIKIか。 笑笑
maxresdefault.jpg

僕は高校時代HIDEが好きでしたー!

2019.02.22 DAY109 室外機
ネックウォーマーが制服のようになっている、あーです。

学生時代、スキーのイントラバイトをしていて知ったのですが、
ネックウォーマーやマフラーするのと、
上着1枚着るのは、体感として同じくらいらしいです。

さてハブラシ工場の新築現場では、エアコンの室外機も設置・接続できました。

この前の環境講習会で復習した空調設備の概念図を思い出しながら
作業を見守ってみました。

が、予想通り。
概念図にあるような、四角や丸の機器なんてなくて、
「あの中かなあ」「この室外機の中で熱交換してるんかなあ」
と、想像の見守りでした。笑

圧縮機や膨張器、冷却塔や冷凍機も個別にあるわけでもなく
1つに上手にシステム化されているんですなー、きっと。
プロジェクトX の世界だな、これは。

shitsugaiki.jpeg

img_block01_01.jpg
この画像はダイキンHPより

チラホラとネット検索してみると、
冷媒に関して回転寿司で例えてあったり(冷媒はお皿、お寿司は熱、ネタの種類はほしい温度、みたいな)
膨張は自転車のタイヤの空気入れ、
圧縮はスプレーの噴射(膨張=減圧すると缶が冷たくなる)とか、
上手に例えてはりました。
なるほどなるほど。

ということで、過去問検索は「冷媒」。13件ヒット。
30123
吸収冷凍機は,一般に,運転中も機内が真空に近い状態であり,圧力による破裂等のおそれがない

この数値(ほぼ真空)、というのは合格物語の資料にも書いてありました!!
この前の試験に出てたんやーーん!!

比較としては、吸収冷凍機は同一容量の遠心冷凍機に比べて,機内の圧力は低い、てことも
一緒に理解しておかないと。

ふむふむ。
あ、今日は、ニャンニャンニャンの日だ。
学生のときは、大きなシルバーアクセサリーをつけていた、あーです。
若かった。。。笑

社会人あるある、「あの頃もっと勉強していれば」は今さらですね。苦笑

さて、現場には本日シルバーさんに来てもらいました。
市の「シルバー人材派遣」です。

ふとなんで、高齢者のことを「シルバー」と呼ぶのかな、と思ったら
どうやら、以前JRが国鉄時代に、「高齢者優先座席」をつくって
その時の座席の色が在庫品やらの関係で、「シルバー」だったそうな。
なのでその優先座席を「シルバーシート」と呼び、
それが拡大普及して、高齢者のことを「シルバー」と呼ぶのが増えたそうな。
もちろん、海外では通じません。笑
ほほー。

シルバーハウジング、頻出ですねー。

30133  → ○
世田谷区深沢環境共生住宅(世田谷区)は,木造平家建ての住宅団地の建替え事業により建築された公営の住宅であり,高齢者在宅サービスセンターを併設した,シルバーハウジング・プロジェクトを含むものである

ちなみにシルバーさんにお願いした作業は、
大まかな掃除です。掃き掃除やら落ち葉清掃やら。
おじいちゃんたち、さくさくっと作業して帰られました。笑

IMG_2639.jpg

この写真が17時ごろ撮影。業者さん、みんな帰ったあと。
で、僕もこのあと、道路洗って帰社。

舗装は天候の影響もあり猶予をいただいてます。
この規模の現場なのに、検査一週間前でこの時間にすんなり帰れるとは!!

途中、煮詰まりかけましたが、なんとかゴールが見えて余裕がでてきたかも!
3月からは勉強の方も余裕もって、取り組めそう!
いや、取り組みたい!
いやいや、取り組めたらいいな。。。   

よし、がんばろう。
通勤時にコンビニで飲み物買って、車に戻ろうとしたら
鍵が開かなくて、ガチャガチャやってから、他人の車だとわかった、あーです。
僕が買い物している間に、同色かつ、同タイプの車が隣に停まっていたみたいです。
そして、そちらには助手席には人が乗っておられました。。。

さぞかし、怖かったでしょうねええ。苦笑

そんなことで始まった本日。今日のメインは、
外構の仕上げ境界となる縁石(地先ブロック)の敷設。
パサ(砂+セメント)混ぜたり、モルタル(パサ+水=砂+セメント+水)練ったりしてました。
途中に別現場の電話がかかってきたり、職人さんとの打合せがあったりで
20mちょいがなかなか終わりませんでした。苦笑

さて、ハブラシ工場の新築現場では内装の仕上げ工事が進んでます。
いつにもまして、良くわからない写真になってしまった。。。

IMG_2628.jpg

ビニル床シートです。長尺シートて呼んでます。
それの施工状況です。
1日前に伸ばして、接着剤塗布して、
オープンタイム中です。
保管は俵積みしてはいけないやつです。

15043 → ×
プラスチック張付け床材の保管に当たって,ビニル床シートについては,ねじれや変形防止のため,縦置きせずに3段までの俵積みとした

【解説】
床シートは,乾燥した室内に直射日光を避けて縦置きする.転倒防止するため,ロープで柱などに固定する.横積みにすると,重量で変形することがあり好ましくない.よって誤り。だそうな。

ちなみに、メーカーの施工要領書によると
E38090E696BDE5B7A5E8A681E9A098E69BB8E38091E995B7E5B0BAE382B7E383BCE38388.jpg
なーるほどー。
この現場でも、搬入から施工まで1~2日なので、横置きしてました。

このままビニル床問題で最近のもの。

30191 → ×
ビニル床シートを用いた床仕上げ工事において,下地が床コンクリート直均し仕上げであったので,ビニル床シートの張付けを,コンクリートの打込みから21日後に行うことを確認した。

【解説】
ビニル床シートおよびビニル床タイルの張付けにおける下地の乾燥期間については,モルタル下地の場合は14日以上,コンクリート下地の場合は28日以上放置し,十分に乾燥させる.よって誤り。
これ、まちがえたなあああああああ。

で、この現場で考えるとー
1/8に土間コン打って、2/19から床貼りしてるので、28日以上 → OK

わあ、2月があと一週間!!
圧倒的に木造の住宅建築工事の方が経験のある、あーです。

このブログでは、S造の現場を多くアップしてますが。
なぜなら、試験問題に近いところがあるから。笑
生教材、として。笑

で、同時進行で、木造の住宅改修工事も数件、進行しております。
その中で一番大規模、かつ、築年数の古い現場がこちら。
IMG_2624.jpg

IMG_2625.jpg

雨も降ってたので、くらい写真ですが、
松の丸太梁に竹木舞下地。
まあ、住宅自体の規模はそこまで大きくありませんが。

こんな工事もしてまして、礎石基礎から、土間コン打設したり
構造用合板で剛性高めたり、
白アリにやられた柱を根継ぎしたり、なんてこともやってます。

が、一級の試験には木造、あんまりでてこない。。。苦笑
一番出てくる分野が、建築作品。

でもまあ、木造がらみの過去問検索してみました。
25173
木造軸組構法の住宅において,真壁式は,一般に,大壁式に比べて,防寒・防音性に優れている

真壁、大壁の違いがイメージできれば瞬殺シリーズですね。

どちらともの図面書いたら、それこそ瞬殺ですね。笑
もっと出題されへんかなーー。笑

さあ、お待たせしてる木造新築の見積しようか、帰ろうか。。。
access(アクセス)て知ってますか?
語彙ではなくて、キーボーディスト浅倉大介とボーカリスト貴水博之による日本の音楽ユニットのことです。
片方と読みが同じな、あーです。笑

この二人、それぞれ所属事務所、違うらしい。へーー。

さて、現場では本日、フリーアクセスフロア施工。

事務所、会議室、応接室など上下階合わせて200㎡ちょい。
元気な7人チームがほぼ1日で設置しおわりました。

IMG_2604.jpg
墨だしして、束を並べて

IMG_2613.jpg
配線をあちこち振りつつ、パネルを並べて、

IMG_2619.jpg
ほい、完了。的な。

*****
【追記】
仕上げのタイルカーペット。目地は重ねません。
IMG_2626.jpg
*****

ということで、過去問題を「フリーアクセスフロア」で検索すると
設備に計画に、施工に。わおー。
あちこちからアクセスが。苦笑

28142
事務室内のフリーアクセスフロアの高さを,100mmとした

うんうん。だいたい10cm。改修では5cmのものもあるらしい。

ですが!! ですが!!

30132 → ×
床吹出し空調方式は,事務所等で利用され,冷房・暖房のいずれにおいても,居住域での垂直温度差が生じにくい

【解説】
「床吹出し空調方式」とは,OA機器等の配線ルートである二重床を利用して,床面から空気を吹出す方式であり,
OA機器の配置の偏りや変更等に対応しやすい。
ただし,冷房運転時は,低温の空気が床から吹出し,居住域での垂直温度差が生じやすい欠点がある。


問題自体はバツで、内容は解説の通りですが、
こうやって床吹出し空調と兼用する場合は、30cm程度にするんですよねー。

まだ出題されてませんが。笑

僕の知識もフリーアクセスできるようにしたいなー。笑
金曜日の夜、いや土曜日の明け方にセルフ散髪して実はところどころマダラ頭の、あーです。
が、2日間大阪の講習会で、それを指摘されることもありませんでした。
ま、40からみのほぼ坊主に、そんな気になることではないですよ。
自分も気にしてません。笑
もっとシュッとした大人になる予定やったんやけどなーー。笑

さてさて、環境講習会2日目。
伝熱に、照明に、日照日射に、音響に。

IMG_2598.jpg
音響の基本の基本。
コレとこれは絶対覚えましょう、と言われたところです。
これから、コインシデンス効果や、低音域共鳴透過現象、
ラウドネス曲線、吸音、遮音、、、といっぱいあるけど。
音響だけでも。苦笑

今日も昨日の学びが押し出されそうな勢いの講習会でした。笑
きっと今までの試験勉強でも一度は目を通してきた範囲。
そして、素通りもしくは目を背けた範囲。
なんとなーーくで解答してきた範囲。

少しずつ、イメージを書き出し(頭の引き出し整理し)ながら、
問題を読めるようになってきた気もします。気も。
まだまだ自信にはなっていないけど。

講習会後半の演習問題。
IMG_2599.jpg
がんばって、描き出してみました。
正解も間違いもあるけど。苦笑

問題に書いてあることを描き出すのではなく、自分が理解していることを描きだす。
→ それに合っているのか、間違っているのかの判断。

書いてあることがわからなかったら、逆を描いてみる。
→ 案外、効果的

試験の時も、きっとこの作業は大事。
だから今のうちに、どんどん手を動かそうと思ってます。
セルフ散髪と同じで、決して上手な絵は描けないけれど。笑

まだまだ各分野、知識がマダラですが、
7月の散髪するころには、すっきりがっちりしておきたいなー!!
今日もネコに起こされた(ご飯を催促された)、あーです。
最近はほっぺじゃなく、唇タッチしてきます。
たまに届く爪が痛い。。。

さて、本日、合格物語主催の環境講習会。
環境工学分野の二日間です。

ここから、2週間に一度のペースで講習会が。
ありがたいのと同時に、始まった感を感じまくりです。汗

それでも、H30の試験後からずっと何かしらは学習を続けていたし、
今回も、昨年に比べてだいぶ、能動的に受講してきました!

その前に、オサレな受講仲間さんからチョコいただきました。
IMG_2585.jpg

これは、、、3月の14日付近の講習会、忘れないようにしなければ!!!!!!!

ありがたく開けると。
IMG_2587.jpg
お。保護ネコ活動の一部に。
実は、うちの姉妹ネコも、保護ネコさんです。
「ちょっと、見るだけやで」なんて、見に行って、抱っこして、
その日のうちに、ではないけれど、トントン拍子に我が家に。笑

さてさて、講習会の方は、トントン拍子、ではなく。
なんとなーく解いてたものが、
「根本的な理解できていない」ということが、わかり。苦笑
とりあえず、手を動かして、イメージを描き出すことを肝に銘じました。

ま、そういわれるであろうとも覚悟していたので、
環境ノートは、真っ先に取り掛かりました。
テキストコピーでもなく、誰かのお手本になるでもなく、
味気のない、自分だけのまとめノートです。
でもやっぱり、案外、自分の手で書くと、頭の中でも思い出しやすい!!
(最近のことだから、というのは否めないけど)

これを試験まで継続!
そして、ほかの科目にも応用しなければ!!

さてさて、過去問題の方は、少しずつ知識を埋めながら
解いていきました。
が、中には、感覚的な記憶も。
軸流吹き出し → ズバーー!! 
みたいな。ま、これは、強引なゴロでもなんでもないからアリだと思ってるけども。
IMG_2589.jpg

IMG_2588.jpg

さあ、明日もがんばろう!
今日は、すこしまとまった時間の勉強ができてる、あーです。
朝からちょいと環境やって、
夕方は定例もあって、その後の記録のために早めに事務所へ戻り、
なんだかんだの事務作業を終えて、そのまま学習タイムへ。

週末の環境講習会に向けて、3時間ばばばばーーっと。
とりあえず、キーワード中心に、全体的に流してみました。
IMG_2578.jpg

さてさて、現場でのお勉強は。
IMG_2567.jpg

タイルカーペットはこんなに積んで保管してはいけません。
ちなみに、これは運送屋が搬入した直後。

28032
工事現場に納入されたカーペット類のうち,タイルカーペットについては,材料が荷崩れしないように,5~6段積みまでとして保管させた

これは、ロールカーペットとの違いを聞かれてますね。
ちなみにロールカーペットは縦置きせず,必ず横に倒して,2~3段までの俵積みで保管する

でもまあ、ロールカーペットとか、長尺シートとか
長物の、(しかも重たいもの)は、俵積みというか、一列に並んでたりします。

施工のやりやすさもあるし。笑
場所がない場合は仕方ありませんが。笑

あと、今日の別の現場。住宅の改修工事。
こちらもクロス屋さんが施工中。
材料にはこんな包み紙。
クロスは縦置き、ナイロンなどで養生、ですね。

この前のやつ。
IMG_2574.jpg

さあ、週末も休んでる間はない、もう2月も半分過ぎた!!
2019.02.14 DAY101 夜
バレンタインは2日前に終わったつもりの、あーです。笑
それでも、職人さんの奥さんからやら、本日も、ちとは頂きました。

さて、大詰めの現場。
「キョウハ バレンタインデイ デス」なんてカーナビが言ってようが
ばたばたです。

それなりに遅く現場離れて(戸締りは職人さんに任せて)、
事務所で居残り勉強を、、、なんて考えつつも
(起きてる娘で)ちょいと充電して頑張ろう、と帰宅して、
寝かしつけられる日々。

その分(?)、朝4時とかに起きてます。
その分(?)、昼休みは一瞬で、お昼寝してしまします。
良いのか悪いのか、少しペースが変わってきてます。いかん!

とはいうものの、今日も夜間作業。
今日がA作業、明日がB作業。でも、AとBの間にC作業が必要。
なんてことが、やっぱり現場には起きてて。
今日もそんな日。
頼もしい職人が、夜間作業してくれてます。
IMG_2570.jpg

そういえば、合格物語講習会でお知らせのあった掲示板で
夜間冷房や、ナイトパージの解説がありましたね。

**********************
外気冷房は「空調」。季節は夏以外(中間期や冬季でも冷房が必要な状況)です。
冷たい外気を空調機に取り込んで(単に温度のコントロールだけじゃなくて調湿・清浄し)冷房します。

ナイトパージは「換気」。季節は夏です。
昼より冷たい夜の外気を室内に取り入れて、室温を下げたり躯体に蓄冷することで、翌朝の冷房負荷を抑える。
(主に顕熱負荷を抑える補助的な役割と考えれば良いでしょう)
**********************

なるほどなるほど。

蓄わえるならチャージ、ナイトチャージの方がわかりやすいのになあ。

パージてなんだ?と調べ(ヤフーで)てみたら、
パージ (purge) とは、一掃・抹消または粛清の意味をもつ英語である
だそうな。

これまた、違う語源の旅をしてしまっているのかな。
でもまあ、「熱(負荷)を取り除く」的なことかなー

ということで、ナイトパージ過去問。
25034
ナイトパージは,外気温度が建築物内の温度以下となる夜間を中心に,外気を室内に導入することで躯体等に蓄冷する方法であり,冷房開始時の負荷を低減し,省エネルギー化を図ることができる

【解説】
「ナイトパ-ジ」は夜間のうちに室内にこもった熱気を外気と入れ替えることで外気(冷気)を建物躯体などに蓄冷し,昼間の冷房負荷を下げる方式である。
近年,OA機器類の増加に伴い内部負荷が増え,冬期・中間期でも冷房が必要な建物にはエネルギー使用量の軽減に有効な方式である

あれ?あれ?掲示板の解説と、こんがらがるぞ。。。

ナイトスクープに手紙書こかな。
後半になってきたメインの工場新築現場。
細部の色合わせ→色変更がちょいちょい行われます。

設計士のセンセイはきっと僕なら選ばないような、繊細な色を選択されます。
(悪意はないです)
そして、きっと僕なら悩まないような、差で悩まれます。(悪意はないです)

餅はモチ屋だなあ、と思うわけです。笑
でも、返事も決断早いので、現場としてはたいへんありがたいです!

IMG_2495.jpg

電話やFAXよりもタイムリーに伝えるため、業者間でもLINEの頻度が上がってきました。
今さらながら便利ですね。笑

写真の写真は塗装屋の御年70歳の親方に送りました。笑
さてさて、過去問。色彩分野。
色見本にも載ってる、頻出マンセル。

22091
マンセル表色系では,無彩色以外の色彩を2PB3/5のように表現し,2PBが色相,3が彩度,5が明度を示す

色彩分野もいろんな言葉がありますね。
合格物語だと、色彩分野で、72問。ほうほう。
現象のことか、理論のことか、きちんと区別して覚えようっと。
朝起きたての娘に「はい、これ」と手作りチョコをもらった、あーです。
祝日の昨日、奥さまと合作でつくってようです。

IMG_2543.jpg

さてさて、工場の現場では、
内装仕上げ工事も進んでいます。

クロス屋さんの登場で、一気に景色のかわる期間です。
そして、電気設備屋がどんどん追われていく期間です。(ごめんなさい)

クロス屋さん問題としては
21032
巻いた状態で搬入された壁紙の保管については,乾燥した室内で,雨水や直射日光の当たらない場所に立置きとし,ビニルシートにより養生した

21193
せっこうボード突付けジョイント部において,ベベルエッジの目地処理については,ジョイントテープとジョイントコンパウンドとを用い,幅500~600mmの範囲で行った

あら、どちらもH21。でも、違う問題で出題やったんですね。

保管方法は、まあ薄いものだし、ほわっと立てかけてますわな、という感覚。笑
材料検収の写真も、林立してるのを撮ります。
F☆☆☆☆とか細部を撮らなければならないときに、
カメラ(身体)をひねって撮るし。笑

そして、ジョイント処理。
そっか、エッジによってパテの幅、異なるのか!
とはいえ、基本的には「ベベルエッジ」のものですね。
「べベルボード」という商品名にもなってたりするし。

聞きなれない言葉だし、少し前まで「ベベル」という固有名詞なのかと思ってました!
「斜面」とかの意味みたい。

そういや、鉄骨の溶接分野でも、開先角度とかベベル角度とかあるな。。。
halloween_babel.jpg

「ちょっと斜めのバベルの塔。。。」とねじ込み暗記してました。

あ、塔の写真より、現場写真の方が勉強になると思いつつ、
インパクトのある塔をアップしました。笑

でももしかして、もしかして、ベベルとバベルは語源が近いのかな。

ま!斜面という意味を、ちゃんとわかっておけば、
開先かベベルかが、ちゃんと理解できそうだ。笑

ということで、少し早いチョコで充電して、もうしばらく頑張ります。
2019.02.11 DAY98 牡丹雪
ネコを含め一人そっと起きて出勤した、あーです。
ネコも起きてこなかった。。。 
まあ、外は牡丹雪。寒かったしね。
午前中は降り続いてました。予報通り、午後には止みましたが。

すっかり雪化粧の現場。祝日もなんのその、15人ほど、作業してました。

週末の環境講習会(合格物語)に向け、通勤車内は音声聞いてます。
去年のだけど。
今年のはまだスマホで聞ける状態にしていない。。。
IMG_2536.png

でも、この車移動の時間、有効に使えることが昨年わかりました。
つい、ラジオ聞きたくなるけど、天使(!?)の音声と過ごしています。

さて、外も真っ白だったし、と
過去問の建築史分野で「白」を検索しました。
H30には、滋賀の長浜市の黒壁スクエアも出たし、と。

「建築史」に絞ると、「白」でヒットしたのは2件。
28032
コルドバの大モスク(スペイン)は,紅白縞文様の2段アーチを伴って林立する柱による内部空間をもち,現在はキリスト教文化とイスラム教文化が混在している建築物である

え?紅白縞文様??
と思って画像検索してみたら
iStock_61336834_MEDIUM.jpg

m1-1000x694.jpg

おお!紅白の縞!2段!!
調べると、このモスク(メスキータ)はキリスト教とイスラム教、2つを崇める不思議なところらしい。

もすこし調べると
ヨーロッパ西部に位置し、大航海時代に財を成した国スペイン。この国があるイベリア半島は元々イスラム教徒が暮らしていた場所でもあったため、ほかのヨーロッパ諸国と比べても古きイスラム教の遺跡が多く残っているみたい。
で、コルドバは元々暮らしていたイスラム教の国「後ウマイヤ朝」の首都だったよう。

ほー。歴史ですなーー。嫌いじゃないけど得意じゃない分野。
でも、単に暗記より、楽しいですね。

コルドバはアンダルシア地方にあるそうで。
そういや、『茄子アンダルシアの夏』なんてアニメがあったような、、、

と調べたら、日本のアニメですが、スペインが舞台のロードレースの話で、主人公の声が
大泉洋でした。笑
自他とも認めるに娘にデレデレな、あーです。笑

今日は奥さまフリーデイのため、娘と一日デートです。
といっても遠くにお出かけしたわけではありませんが。

お絵かき対決したり、シルバニアしたり、ピアノ聞いたり、
1000ピースのパズルしたり、ネコにパズル崩されかけたり、
近くのショッピングモールに行ったり。笑

で、晩御飯のとき。
父ちゃん特製、ではなく、奥さまと合流して外食してました。

で、バレンタインのチョコを作るだなんだの話になり、
奥さま:「だれが一番すきなん?」
娘:「とうちゃんがいちばん!!」

昼間一緒に居たからとか、
本人横に居たからとか、そんな要素もありますが!
まだ一番キープできてました。笑笑

なのに、夜、先に寝落ちしてしまった。。。汗
ゆるしておくれー、むすめー!笑

ネコも含め、皆が寝静まってから、構造。

今日は力学ではなく、文章問題対策。
構造文章題は、考え方の理解

と金言(?)をいただいたので、イメージしやすい書籍を。
ナマズや雪女が出てきたり、イメージしやすい。

IMG_2537.jpg

ちなみに僕は、イラストチックな絵が苦手で。
あ、デッサンもです。
針金人間とか、線で描けるイメージとかは、比較的迷わず描けるのですが。。。
図面とかね。

デレデレの恥ついでに、娘との「干支対決」のとうちゃんイラストです。。。笑
IMG_2539.jpg


よし、頑張ろう。
今日は誘導員として赤い棒をふりまくった、あーです。

信号のない大きな国道に面した現場。
今日は、衛星器具の搬入、内装材の搬出、キュービクルの搬入、などなど
大型の車の出入りが激しく、さらに業者の高所作業車やユニック車なんかも忙しく。
ゆえに、赤い棒をたくさん振りました。笑

さて、キュービクルが設置されました。
現場状況により、一発レッカーで、ではなく、
3面にわけての設置。
だから、普段正面からしかみることのないキュービクルも
輪切りというか、断面図がそのまま、見れました。

IMG_2505.jpg
(賑やかな配線や周辺だけど)
IMG_2517.jpg

さて、響きのかわいい「キュービクル
過去問検索だと、1回だけでした。

20235
キュービクル形受変電設備は,原則として,金属箱の周囲に所要の保有距離を設けることにより,屋外にも設置することができる。

うんうん、基本的にキュービクルは屋外のイメージ。笑
そして保有距離は、受水槽とかと同じ、お約束の
1mと60cm。
あ、昨日の60cm検索に描き出してないな。
あれ、施工だけで検索してたな、これ。苦笑
あら、設備にも計画にもヒットしました!!。33件も!

30141
上水受水槽の保守点検スペースとして,水槽の上部に100cm,側面及び下部にそれぞれ60cmのスペースを確保した

うんうん、しっかり横断的にやろう。
広い視野で、スタンダードな知識と考え方を!!

明日は子守なので、充電日です!!わーい!笑
バチが当たったかもと感じた、あーです。
今日までがいい天気(あったかい)、と信じて強引に工程を変更しました。
皆様のご協力の上、なんとか準備は間に合いましたが。。。

寒い日となりました。涙

その分、コンクリート強度をあげ(温度補正)、
普通コンクリートを早強にかえ、養生もたっぷりにしましたが。
躯体同等なくらい、贅沢な!?犬走になりました。苦笑

人手の関係で、僕自身も施工に。
通称バイブレーターと呼ばれる、過去問では「コンクリート棒形振動機」てのを主に。
でも、一輪車を押したり、なんやかんやしてました。

なので、詳細の施工写真は撮れず。。
あかん例として「横引き」の写真でも撮りたかったんですが。笑

なので、あちこちから参照画像をいただいてきました。
バイブ

baibu.png

参照先はこちらコチラでした。

さて、過去問。
29112 → 〇
コンクリート棒形振動機によるコンクリートの締固めにおいては,打込み層ごとに行い,その下層に振動機の先端が入るようにほぼ垂直に挿入し,挿入間隔を60cm以下としたうえで,コンクリートの上面にセメントペーストが浮くまで加振した

そのまま、「60cm」で検索すると
『施工』だけでも
①仮設工事のハシゴ道、床から60cm突き出す
②鉄骨鉄筋コンクリート造工事の建築物において,鉄骨上に設けた材料置場と外足場とを連絡するための仮設通路の幅は,手摺の内側で60㎝とする
③地盤調査の平板載荷試験、直径30㎝の載荷板を用いた場合、載荷面からの深さ45~60㎝程度の範囲内における地盤の支持力特性を求めることができる(載荷板の幅の1.5倍~2倍の深さ)
④設備工事、マンホールは直径60cm以上
⑤設備工事、給水管の地中埋設深さ(土かぶり)は,一般敷地内では30cm以上,車両通路では60cm以上,重量車両通路では120cm以上とする。ちなみに寒冷地では、凍結深度以上。

なんてのが、ヒットしました。ふむふむ。
あれ、『施工』だけでもこんだけ。
他の科目を含むと33件も!笑

一極集中も必要ですが、横断的に覚えるのも、たまにはアリですね。
たまには。笑
2019.02.07 DAY94 小便器
心身ともに、男の、あーです。
別にトランスジェンダー的な話をするつもりはございません。笑

月末の引き渡しに向け、新築工場の現場では、内装下地と仕上げが
同時進行(部屋は違う)しています。

で、男子便所、の下地。
IMG_2435.jpg

壁掛け小便器の下地です。
今はそっけないべニア下地ですが、
ここの仕上げ(不燃化粧板)は、どこのカッフェやねん、てくらいシックな色合いです。


で、この仕込みの寸法というか、
2台の心心、750㎜です。
計画のテキストだと、こんな感じ。
IMG_E2538.jpg

過去問だと、
計画 30073
多人数の成人が利用する男性用便所の計画において,隣り合うストール型小便器の中心間距離を,90cmとした
【解説】
壁掛型小便器の間隔は,一般に,心々65cm以上,間に隔板を設置する場合には,心々70cm以上となる.ゆとりを持たせる場合は,心々90cm程度の寸法が望ましい

実際、お隣との間隔が600㎜(60cm)だと、まあまあ圧迫感あるね、きっと。苦笑
そら、900㎜あれば、ゆったりよね。

とかいう間隔の感覚、小便器を使わない女子たちには、数値の暗記しかなんだなー、とか思ってみたり。
でもそれは、構造屋さんが施工問題解いたり、設計屋さんが施工問題解いたり、
施工屋さんが構造力学解くのも、同じようなことか。笑

一科目のスペシャリストになる試験ではなく、
スタンダードな「一級建築士」になるための試験なはず。
「スペシャリスト」になるのは、その次のステップなはず!!

がんばろう。

が、そのスタンダード知識の壁。笑

計画では小便器の間隔も600~900。その差300㎜がOK
施工ではスランプはコンクリート強度(33N/mm2)によって21cm以下か18cm以下。
その差30㎜! 
問題によっては、差がもっとシビアなやつもある!!

シビアな数値と感覚の数値。
むずかしいなー!!笑

がんばるしかない!!
自分のことながらシツコイナと思った、あーです。笑

現場で、当初の工程表より工程を変え、
しかも直近に、そして明日あさっての話に、
とある業者さんの親方に連絡しました。
1回目の電話で「こんな忙しい時期に無理やー!!」
2回目の電話で「打ち合わせした工程と全然違うし、急すぎるわー!」

3回目の電話で「今後の付き合い方考えた方がよろしいんやない?」
と、ごもっともなお説教をいただき(苦笑)、
4回目の電話で「しゃーないなー、なんとか調整してみるわ」と。

ふー。
業者さんの方が正論なのは理解しているので、3回目でだいぶ、心折れかけました。笑
が、外部の工事なので、どうも天気予報を信じると、
無理してでも、そこ変更するのがベストだと思ったんです。笑

よかったよかった。久々に粘ってみました。笑

そして、その勢い?疲れ?を持ち込んで
帰宅前にH28年の本試験を。
今日は環境設備を20問。
IMG_2479.jpg

あー、ゴソンっ!!という音が聞こえそうなほど、抜けてる分野があります。
詰め込んだ知識や記憶が。
いや、詰め込んだというよりハリボテやったのかも。
IMG_2478.jpg

セイビンさんの公式。。。
ロッドスチュワートのセイリングを口ずさみながら覚えたつもりでしたが、
船出どころか、遭難して難破しました。
セイリングを口ずさんでいたことは思い出しましたけども。
o1920108014104642612.jpg

H28年は完全独学で、明らかに勉強量足りないまま、
変な自信だけ持って初受験した年。

今度が4回目。しつこくがんばろう。
しっかり船出しよう。笑
帰り道にマクドに寄ってみた、あーです。
平日の夜なら、まあまあ静かな田舎のマクド、、、と思っていたけど
案外高校生たちがいました。 電源あるし、Wifiあるし、しゃーないか。。。

さて、2末引き渡しの歯ブラシ工場。
各業種職方も増え、まず業者が増えてるし、なかなか賑やかな現場です。
内部足場もあるし、仕上げ材もあるし、と。

IMG_2452.jpg

右の方の小部屋みたいなところにあるのが、小荷物専用昇降機です。

図面通りに鉄骨建てても、実際に設置するまでどきどきしちゃうんです。
EVに限らず、半分別途みたいな、こういう設備。笑
今回も、無事に納まりました。
が、ピット内の防水モルタルが有効ギリギリだったみたいで
扉下の補修が、まあまあ手こずりました。苦笑
あ、僕ではなく、左官職人さんがですが。笑

さて、過去問「小荷物専用昇降機」。
合格物語には4問。
24184
小荷物専用昇降機については,かごの水平投影面積は1㎡以下,かごの天井高さは1.2m以下に限定される

この1と1.2が逆になったりとか、出題しやすそうですね。
出題者の問いかけ変換すると、

昇降機と、小荷物専用の違い、わかってますか?
面積と高さの数値、わかってますか?
小荷物専用でも建築設備ということ、わかってますか?


いや、もっと大きなことを出題している感じかな。
まあ、過去問を覚えるのではなく「小荷物専用昇降機」と言われて、
「これこれこう」とざっくり説明できるようになろう。

法規の中じゃ、まあ、理解することの少ないところだし。笑

ちなみに「小荷物専用昇降機」の根拠法、令129条(の3)で
過去問検索すると、113問。 お、おぅ。

今日はしないけど、がんばろうっと。
なんでもコジツケ癖があることに気付いた、あーです。
例えがうまい男を目指しているけれど、どうやらコジツケ記憶男のようです。笑

久々に(!?)環境などもやりましたが、熱もあるうちに
力学の復習。

僕はなるたけ、黒板(ホワイトボード)の前に座るようにしてて
板書は極力写真撮ってます。
勝手に撮影してるけど、悪用する気はないし、たぶん、大丈夫なはず。笑

その他の思いついたことは、実際にメモしてるけど。
昨日の、泉ピン子とか。笑

そして、週末の講習会の板書見直し。

曲げ応力度のところ。
シグマビー。です。
よく出てくるとこですね。
N/Aとか、M/Zとか。
magekyoyou.jpeg

こんな感じで。(テキストですが)

ちなみに僕はこのシリーズの問題は、とりあえず、メンバー(NAMZ)を描き出して、
連立方程式、という流れを決めてます。

で、板書を見直してたら
IMG_E2388.jpg
やっぱりマジンガーZのロケットパンチにしか見えなくて。

リアルタイムの世代ではないのですが。笑

そんな今日のコジツケでした。笑
さ、晩御飯食べて、娘を寝かしつけたら、毎日力学をやろっと。
寝かしつけられたら、明日の朝かな。。。
毎年、節分で鬼になると泣かれる、あーです。
「とうちゃんてわかってても、、、うぁああああん」的な。
今年は、講習会後ということもあり、遅くなったので、お布団に入ってから
「エアー豆まき」しときました。笑

「これで、おに、こーへんの???」という不安には
「鬼きたら、とうちゃんが守ってあげるわ!!!」と答えときました!笑

さて、力学講習会2日目。満腹です。笑
崩壊荷重に、トラスに、層間変位に、固有周期に、座屈に、たわみに、と。

けっして苦手とは思っていないけど、
ちょいちょい凡ミスする「座屈」。の座屈長さ

ピンだ固定だ拘束だと、聞いてつぶやいていたら、
「泉ピン子」登場。
title-752.jpg

ピン接合とピン接合、
固定と固定、1Lとか0.5Lとか、比較的覚えやすい。
よく間違うのが、0.7Lのところ。

水平拘束された「一端ピン他端固定」・・・0.7L
コチラが→→ 拘束された(泉)ピン子は7人家族。
単純にピン接合のピンと、固定のです。笑

イメージはあのドラマ「渡る世間は鬼ばかり」です。
別に拘束されるようなドラマでも、7人家族でもなかったけども。
IMG_2440.jpg

その他、水平拘束でない「一端ピン他端固定
→→ フリーなピン子が2人 
はい、イメージイメージ。笑

そんなことを愉快に考えながら受講したのもつかの間、
満腹になりました。笑

それでも、過去問中心に、解法のポイントは収穫できたはず!
公式さえ覚えておけば解ける問題も多い。
だから、トイレ貼り出しとか、穴埋め暗記シート(自作予定)に挑戦してみようと思ってます。

たわみとか、公式覚えてないと、捨てるしかないですしね。
IMG_E2418.jpg

まあ、覚え方はイチローの打率を思い出す方が難しいので、
昨年同様アレンジしようと思ってますが。笑

そういや、渡る世間~、おばあちゃんが好きで、まあまあ一緒に見てた記憶が。
泉ピン子の妹の誰かと、その旦那さんが、一級建築士(を目指して?)だったような。笑

えなりかずきくんは、今や35オーバーですね。笑
さ、2月もがんばろう。(もう始まってるけど)
髪型、ぼぼ坊主なのに寝癖がつく、あーです。
寝相? いや、散髪の仕方のせいかしら?笑

さて、今日は力学講習会でした。寝癖つけてましたが。笑
最初のウォーミングアップ的な反力を求める計算問題で、ちょっとつまづいて、
ドキドキのスタートでした。苦笑

当たり前のことだし、そうでないとただ歳をくっただけになるのだけど、
昨年より一歩か二歩ほど進んで理解できました。

持って行った質問疑問も3つとも解決したし。

それから、問題としては解法の手順に従ってやっていましたが、
どっちがどっちかわかっていなかったTとかCとか、
やっと区別できるようになった。笑

応力度の種類(垂直、せん断、曲げ)の区別もしっかりできた。
(今さら、ではあるんですけども!)

そして帰宅後、受験仲間との会話に出てきた力学21011

おお塑性断面係数とか、なんだっけ状態。
そういや去年もそうだったような。。。苦笑

とりあえず、
断面係数塑性断面係数の区別があいまいだったことがわかりました!!
IMG_2389.jpg

あ。なんとなーく降伏開始曲げモーメントと全塑性モーメントの
応力分布図の中に、「」と「」が見えるような。笑
緑ペンでなぞってる感じに。
うん、見えることにしよう!!
これで、「6」と「4」を意識できたら、
断面係数塑性断面係数(の公式)が、引っ張ってこれそうです!!

おー、これもまた、今年の脳に染みた気がする!

この調子を、明日も味わいたい!!
ということで、もう少しだけ力学してから寝ます。

H30の本試験では学科Ⅴでばっさり足を切られた、あーです。

その本試験の1ヶ月と少し前に、1級施工管理技士の学科を受けてました。
『予選』的な感覚で。笑

実は一級建築士の受験資格に達する直前の年にも受けてました。
合格ラインが36点で、得点が35点でした。。。

で、翌年からは「1級受かれば実地から」という甘い考えで。。。
で、H30に再度、「これは予選」と思い込ませて臨んだわけです。

基本的には1級建築士の受験勉強しかしてなくて
直前期にのみ、過去問3年分をざっとやりました。
で、まあまあの手応え。

で、7月の試験で足を切られて、
10月の1級建築士の製図試験と同日にセコカンの実地試験を受けてました。
2時間ちょいの試験時間。
あっさり終えて、会場内でも早い方に退室しました。笑

とはいえ、今日の合格発表を確認したら、番号発見。

IMG_2379.png

これで、施工に対するトラウマ?苦手意識?をプラマイゼロにしよう。笑
プラスだけにするほど調子にのってる場合ではないし。
マイナスにしてるなんて、何より施工屋だし。苦手いうてる場合じゃないから。笑

それでもひとまず、良い知らせができてよかったよかった。
今日の晩御飯は、いつもよりお肉多めだった気もする。笑

今日は過去問検索してないけど、
明日の力学講習会に向けて、質問疑問を準備したので、おしまい。