FC2ブログ
2019.01.31 DAY87 断熱材
12㎜の石膏ボード(3*6板)は2枚運ぶの精いっぱいの、あーです。
しかも垂直移動(1Fかr2Fへとか)ナシに限ります。

今日はメイン現場の内装材(石膏ボードとか断熱材とか)の搬入でした。
大型トラック5台の、なかなかの量。

なので、「荷揚げ屋」なる運び手専門も投入。
リーダーも俳優の高良健吾みたいにシュッとしてるし、
誰も僕より若いけど、僕より大がらな体格はいない。

それでも、3*6の石膏ボードを少なくても4枚は持つし、
「最後なんで」と9枚持つことも。驚き。

同時におじいさんになったとき、身体大丈夫かいな、とも心配する。笑

で、一緒に搬入された断熱材2種類。
どちらもグラスウール。
IMG_2362.jpg

IMG_2361.jpg

黄色い方が65mm  白い方が155㎜。
厚みが倍ほど違うのもあって、熱伝導率(W/m・k)、熱抵抗値(㎡・k/W)ともに
白い方が上。

ということで今日の過去問はグラスウール

23043
グラスウールは,一般に,かさ比重が大きくなるほど熱伝導率は小さくなる

かさ比重が大きい → かさ高い
熱伝導率 → 熱の伝わりやすさ

→簡単にいうと→

かさ高いやつほど、断熱性能がいい。 → 〇
言い換えると
かさ低いやつほど、断熱性能がよくない。

だから、写真でいうと白い方が、断熱性のがいい、てことです。

ちなみに数値としては
白い方(天井)
厚み155mm 熱伝導率0.038 熱抵抗値4.1

黄色い方(壁)
厚み65mm 熱伝導率0.043 熱抵抗値1.5

今日はまだ開封してないけど、すでにかさ高い。笑
スポンサーサイト



30歳を過ぎてから、歳よりすこし若くみられるようになった、あーです。
さっき、娘に「しろいけはっけんー」て言われましたが。笑

現場には僕らのおとうちゃん世代のベテランさんもたくさんいますが、
同世代の職人さん(職長やら一人前の)もそれなりに増えました。

いつもお世話になってる防水屋さんも同世代。歳でいうと1つ下。
子どもの同世代。
市内でも有名なくらい良くしゃべる職人さんです。笑

IMG_2333.jpg

この防水屋さんの息子さんたちは幼稚園の頃から、「レスリング」を始めたみたい。
「なんかおもしろそうちゃう?」という家族内の会話から、発展したそうな。笑

子どもでも、体重別による階級分けがシビアらしく、
息子たちは1日4回、体重を測って記録しているみたい。
もちろん、オリンピック強化選手とか、そんなんではありません。笑

へー。イロンナ世界があるもんだ。笑

ということで、過去問検索「シーリング」にしたら59件もヒット。
防水だけでなく、ガラス工事、塗装工事、耐震改修工事なんかにも。
そいうや、出てきてたな。

二面三面の違いや、異種を使う場合のことやも頻出ですが
今回は「マスキングテープ問題」を。

IMG_2340.jpg
<打設中。職人さんが足場移動中にぱしゃり。>

24161  → 〇
シーリング工事において,目地周辺の汚れを防止し目地の線を通りよく仕上げるために張り付けたマスキングテープを,シーリング材のへら押え終了後,直ちに取り除いた

「硬化してから」とか出てくるときあった気が。合格物語によると、過去4回出てます。

このマスキングテープの精度が、シーリングの出来栄えの精度になるんですよねー

僕もシーリングは度々、自分で施工しますが、
防水屋さんのシーリングは丁寧かつ、早いんです。
僕の場合は、どっちか足りない。雑で早いか、丁寧に遅いか。笑
ま、そのどっちかで大丈夫な時しか、自分でやりませんが。

ちなみに 「かつ」で過去問検索したら378件も!
条件としての「かつ」だけではないかもしれませんが、
そのどっちが足りてないとか、出題者の狙いやすいところかもしれませんねーー。

てことは、そこにフォーカスしながらインプットしていかなければ!!

丁寧で、早い。 そうか、まさにプロの仕事。笑
つまり、僕のシーリングはまだまだ素人施工だ。。。汗 
思わぬ自分の技術不足を公開してしまった!
バレナイように気をつけよう。笑
今週末は力学講習会(合格物語)に参加する予定の、あーです。

なので、今週は力学多めです。

残念なことに(苦笑)、去年も力学講習会に参加してます。
(他もそうですが。。。)

当時(2018.2)は、比較的簡単な問題は解けるようになってました。
Sに通っていた時期に、
「構造力学は多くても1年に7問。十年間分やっても70問。
一日3問したら、7月までに今から7回はできる。」

と、講師から言われたことがありました。

たとえば今からでも約180日あるから、
1日3問やったら6周できますね。

そのおじいちゃん講師のどんな解法より、その言葉が1番納得しまして(笑)、
今回も毎日力学は続けてます。
100%じゃないけど。

IMG_2331.jpg

で、最近は夜(どちらかというと夜中)に、ダイニングで問題広げて、
いつの間にやらソファーや布団で寝てしまってたりで、
(どういうタイミングで自分が寝たのか覚えてないことも多々、、、)
朝ごはんの前に、その続きをやることも多くて。

書いてる数式を見つけた娘の
「かけざんのマークや」
「5かける、なんぼのやつはできるで」
なんて言葉に、充電してもらってます。笑

で、自分の思い出しのために
力学解くときの、ルール(僕なりの)

①求めるものの確認。
だいたい~~として、のとしての前。

②公式 → 代入 → 比較
だらだら計算はじめない。

③最低限の公式

ゴロでもなんでも、とりかく覚える。

よし、がんばろう。
2019.01.28 DAY84 補助
昨年後半に代替わり(事業承継)した、あーです。
いろんなタイミングも良く、国の事業承継補助金事業に採択されてました。
で、もろもろ昨年中に代表者変更や新規事業をしたりとやりまして、
その報告が今月末必着でした。
IMG_2329.jpg

余裕かましてたら、あっという間に1月終わる!
しかも末必着と思っていたら、「30日必着」と!!

ばたばたばたーと書類を細かく整理して、なんとか提出。
訂正、修正、質疑覚悟の提出です。苦笑
やっぱり、こういうのは書類が多いいいいいい。

さて、過去問を「補助」で検索してみました。
科目もいろいろで15件ヒット。
今日は学科Ⅱ環境設備から「補助散水栓」を。

28183
補助散水栓は,屋内消火栓のうち2号消火栓(広範囲型を除く.)と同等の放水量を有し,スプリンクラー設備へ配管接続する。

うんうん、字面のごとく、スプリンクラーの補助ですね。
2号消化栓でもよい、ということはもちろん、1号もありまして。

その違いも出題があったような。なので、ざっくりおさらい箇条書き。

まず、消火器とは別物で。笑
屋内消火栓の中に1号と2号があって。
まず、屋内消火栓設備は、消防隊ではなく、在居者の初期消火のためのもので。
(この辺は消火器と一緒)
1号と2号の違いは警戒範囲の違いで、1号は25m2号は15m
つまり1号の方が放水量は多い → 重 い →2人以上 → 工場やらに、
2号は放水量少ない → 一人でも操作 → ホテルや社会福祉施設やらに。

ロンドンブーツやな。笑
どっちが1号か2号か、わからんけど。笑

で、その2号と補助散水栓は同等の放水量。
イコール、1号より少なめ、補助ですもんね。

逆に2号は補助散水栓と同等 → 1号より少なめ、てこともになるのか!

ほほー。

あと、スプリンクラーのおさらいも一緒に書くと、ごちゃごちゃするので、それは後日に。笑

2019.01.27 DAY83 8本
久々に電車に乗ったら、、
「京セラドームに嵐のライブにいった話」で盛り上がっていた近くに座ったおばちゃん4人組が、
気になって仕方なかった、あーです。
うちの母親とまではいわないまでも、子ども成人してる話をしてたし、そこそこのおばちゃんたちでした。

いや、盗み聞きしてたわけではなく、なかなか強引に鼓膜に入ってきました。
カクテルパーティー効果?コインシデンス効果?
これは、何効果でしょうか。。。 笑

さて、今日は家族集合の会がありまして、カニ食べてきました!
朝はやっぱり道路は凍結でガリガリでしたが、
城崎は案外、雪ありませんでした!!笑

EAXL3746.jpg

で、指定席にも関わらず満員で、行きは独り、離れ席。
で、問題集を手に持ちつつ、おばちゃん話に意識奪われてました。
(ちなみに、帰りも同じ電車だった模様、、、)

さて、そんなことで、過去問検索は「8本」にしてみました。
意外!!
「ファンズワース邸」がヒット。ミース・ファン・デル・ローエです。しかも最近!

29121
ファンズワース邸(ミース・ファン・デル・ローエ)は,広大な敷地に建つ週末住宅であり,H形鋼の柱に溶接された梁を介して屋根スラブ及び床スラブを取り付けた構造に特徴がある。

Main-Image_960x528.jpg

S造、平屋
この(母屋?のした)H鋼の柱が8本だそう。
R0013032.jpg

そして、ちょいと調べてると、ファンズワース邸の歴史が。
「シュッとしてかっこいいねえ!!」だけでは、終われないかんじでした!

*************
ミースの「ファンズワース邸」は1951年竣工でミースが60歳半ばの作品。

(中略)

建設に時間と費用がかさみ、施主から訴訟されたミースが勝ったものの、
施主の要求にかなわない独断的設計の家として、
当時の一般向け住宅雑誌からは酷評を受けたし、施主もこの家を愛さなかった。
その後、ミース作品の愛好家バルンボ氏が購入しメンテナンスに費用をかけたので生き残り、2003年にオークションに懸けられたところ、現在の保存団体が670万ドルで落札し、今日、保存運営管理している。

この住宅はフォックス河(荒川よりかなり水量が多い)のほとりの林に建つ。
ミースは河の氾濫を考慮して床レベルをGL+1、600程度にしたが、
1956年、1996年、2007年と床上浸水に見舞われた。
2008年にはなんとGL+2、700程の洪水となり、天井高の半分以上が水没し、
プリマーベラ(オークの一種)練付けの家具は作り直しのはめとなった。


-----つくたま様WEBサイトより引用----
*************


ほーー。60歳過ぎての(過ぎてたからか?)独断的設計か。笑
GLから1600も床上げしたのに、水害受けまくりとは、なかなかの立地条件。
水防が弱いのかもだけど。
ほほーーー。

建築作品は、こういう背景も感じれると、いっそうオモシロイですね!!
(時間ないけど。。。笑)
2019.01.26 DAY82 隠れた
ときどき雪国生活になる、あーです。
数日前から、「大寒波」のニュースが流れています。

そんなこと言うてても、案外、降らんやん、てことがよくあるものの、
結局、冬は寒くて、現場作業も寒いです。

メインの現場では、残業もがんばってくれる職人さんも多くて、
遅くまで灯りがついています。

で、予報通り雪もちらつく?舞う?
いや吹雪く今日は、事務所に戻ってきたら、
通勤車はがっつり雪化粧してました。笑

IMG_2308.jpg

ちょいと事務所作業して、帰宅する前には、車の雪かき?雪下ろしを。
ワイパーでどかす量ではありませんでした。笑
明日の朝は、道路凍結するだろうなーーーーー

さて、過去問検索は「隠」にしてみました。
予想通り、品確法の「隠れた瑕疵」にヒット。
さらに、「住宅の品質確保」で検索すると、法規はもちろん、
計画、構造、施工にもヒット!
そっか、耐震等級や、ホルムアルデヒトとかも品確法が根拠ですね。

H14には、水セメント比の過去問も。ほー。

学科Ⅲ 法規(の終盤)で出題される、この辺りは得点しておきたいところ。
がんばろう。

29271
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき,住宅新築請負契約においては,請負人は,注文者に引き渡した時から10年間,住宅の構造耐力上主要な部分等の瑕疵(構造耐力又は雨水の浸入に影響のないものを除く.)について,民法第634条第1項及び第2項前段に規定する担保の責任を負う。

10年を15年や20年、もしくは特約で少なくできる的な問題がよくある、
と思ったけど、どこかの模試とかやったのかな。
本試験過去問ではほぼ『10年』そのまんまで、〇問多めでした。笑
2019.01.25 DAY81
今年はまだ湯たんぽ使ってませんが、
ねこその2がお布団をあっためてくれる、あーです。

早起きしても、一緒に起きてこないねこ2です。
さすが、マイペースだ。笑

ちなみに現場にはネコもウマも犬もサルもいます。笑
そういう呼び名、好きです。笑

shutterstock_400825678.jpg
<ネコ = 一輪車>

一輪車がネコと呼ばれるのは、
ひっくり返したらネコみたい説や、ネコが通るほど細いところも通る説やら、あるみたいです。

で、過去問検索キーワードは「ネコ」も「あったかい」もないので
『湯』 39件もヒットしました。 さんきゅー!

30152

給湯設備における加熱装置と膨張タンクとを連結する膨張管には,止水弁を設ける

止水弁を設けると、膨張した水の逃げ道がなくなるから×。

e7fda7095bf0b7f9ea39a49f4b98203f.jpg

沸騰したらやかんの蓋もカタカタいうしね。笑

さ、明日は「湯」が恋しくなるほど、冷え込みそうだなーーー
マクドで紅茶なう、のあーです。

たまには早く帰るため打ち合わせから直帰予定にしたので、
夕方に思わぬ空き時間ができました。
なので、図書館行こうと思ったら「休館日」。。。
なので、マクドに来ました。

が、たくさん荷物を持ってはいるのも面倒なので、勉強PCになってるマックブック(とその付属品)のみ。
コンセントのあるカウンター席でカタカタしてます。

合格物語の過去問検索、キーワード「カウンター」だと9件ヒット。
目線とか高さの問題やったかな。(まだ見てない 笑)
IMG_2295.jpg

おそらくこのカウンターは1000㎜かそれくらい。
バーカウンター的な高さです。

では、H30の過去問から。
30072 → 〇
庁舎の車椅子使用者用受付カウンターの計画において,天板の高さを床面から70cmとし,下部に車椅子のフットレストが入るスペースを設けた

類似過去問もありました! うんうん、イメージイメージ。
イメージからのアウトプット。
そろそろ、ウラ法規本も終わらせて、
合格物語2周目(じっくりターン)、開始しないと、と思いつつも。

よし、帰ってからも(娘を寝かしつけて)、がんばろう。
打ち合わせの時間を除き朝から晩まで這いつくばってすみだ流行り?のみんちゃれ内で
コンクリート圧送時の先送りモルタルは型枠内に打ち込んでいいのかどうか
ということが話題になりました。

Q:品質がいいものは打設していいの?? 打設しちゃだめですよね??

冨調合が良くないのでは? 状態がよければ打設OK?
一級の学科試験では打設ダメ! という意見が飛び交ってました。

ちょー簡単に説明すると、「原則としては、打設だめ」ですよね。
(僕はそう答えました。)

ちなみに「長くなっても良いなら、説明しますー」という発言はスルーされました。笑
WEBやYOUTUBE検索したら、もっとわかりやすい写真もあるだろうけど、
実体験から。
IMG_0075.jpg

少し前のコン打設状況写真。
150㎡くらいの2F床と、500㎡くらいの1F床。
内部は広いものの、外部足場もあるし、ポンプ屋さん登場。

まあ、住宅でも基礎のコン打設時はポンプ車必要ですしね。

配管のサイズの問題も頭の片隅に感じながら。。。
話し戻して、先送りモルタル

まず、なんで、これが必要かっていうと、「コンクリートの品質管理」のため。
調合→強度、の。

では、なんで「先送りモルタル」が「コンクリートの品質管理」のためになるのか??
(個人的知識によりますが)、コンクリートの流動性をよくするため、が第一理由かと。
乾燥した配管内に通り道の「膜」をつくるというか。
一輪車で生コン運んだりするときも、先に水をシャーっとかけます。

あとは配管(ポンプ)の掃除みたいなもんですね。
配管(ポンプ)内の乾燥の影響で水分量の変化や、
ポンプ清掃やメンテの残油分などによるコンクリートの品質の変化を防止するため。と。たぶん。笑

先送りモルタルも強度は、打設コンクリートと同じものを使う。
冨調合 → セメント多め → 強度つよめ てことですね。

ちなみに、冨調合は下地、貧調合は仕上げ、というイメージです。

話があちこち行ってしまってるので、
過去問検索!

29111 → 〇
コンクリートポンプによるコンクリートの圧送に当たり,コンクリートの圧送に先立って圧送する富調合モルタルについては,型枠内に打ち込まずに全て破棄した

どうやらずっと前には、「品質が変わらなければ型枠内に打設してもよい」的な過去問もあるみたい。
でも、だいぶ前。僕が(今と比べ)だいぶシュッとしていた高1の頃っぽい。笑

これは学科勉強前からの知識だけど、
こういうのが、アウトプット用のインプットな気がする。

わあ、もう木曜日。試験まであと185日!!(たぶん)
ごっつええ感じ、ど真ん中世代の、あーです。

ちょっと確認することがあって、現場で確認済証と関係書類をみてました。
あ、こんなところに。
IMG_2283.jpg

いまさら、こんなところに、でも無いのですが。
うんうん、イメージイメージ。
時刻歴応答解析、保有水平耐力計算、限界耐力計算、許容応力度等計算、、、
ああ、試験問題だらけだ。笑

だから、今回は適判は必要。
あと、仕様規定(令36条第2項一号)には適合しなくてもよい、はずなんです。
たぶん。笑

で、2階建てで、高さは31m以下、二号建築物。
と、S造に関しては、鋼材の接合と、ボルト孔の径の項目だけでした。

ほうほう。

構造計算は令81条で、
その前に方法20条があって、
さらにその前に法6条がある。

でもって、令81条の続きに令82条の○もついてくる、という体系。

もう少し大きく考えると
法20条から「①構造方法」と「②構造計算」に分かれ、
①構造方法は木造とかS造とRC造とかのことが令36条あたりから令80条位までに書いてあって
②構造計算は↑の時刻歴や保有水平耐力計算やら、さらに荷重とか材料強度とかが
令81条から令100条くらいに書いてある、という体系。

今はばっさりざっくり、こんな感じで頭のタンスにいれてます。

法20条というダウンタウンがあって、
構造方法という浜ちゃんは、歌ったり、ごぶごぶな街ブラしてて、
構造計算という松ちゃんは、映画作ったり、ワイドなコメンテーターしてる。

さらに、法6条というよしもとクリエイティブがある、と。
今日の妄想はこれくらいにしとこう。笑
こういうの考えるのが好きなんです。

僕はゲイシャガールズで坂本龍一を知りました。笑

06b11d61962165607abdcc423a075ab8.jpg

さ、帰ろう。笑
2019.01.21 DAY77  畳
明るい夜が好きな、あーです。
決して繁華街のネオンとかではなくて。(それも嫌いではありませんが)

雪の積もった夜とか、影ができるくらい明るい月夜とか。
今日は、新年最初の満月?新月?らしく、帰宅して空を見上げたら、
こんな感じでした。
IMG_2280.jpg

あ、電柱や電線も写って、なんだか都会的ですが、いたって田んぼに囲まれています。笑

そして、今日は職人さんも残業してたので
現場にいる間から、満月は出てましたけどね。笑

月明かりとLEDの投光器つけたら、なかなかの明るさでした。
(街灯もないし 笑)

明るさ問題にいこうかとも思ったものの、
過去問検索のキーワードを「田」に。

そういえば、今度の試験から用途地区に「田園地域」が増えますね。。。

さて、「田」で29件ヒット。その中から僕の好きな畳問題を選びました。

27042
畳の割付けにおいて,田舎間は柱心の間隔を基準寸法の整数倍とし,京間は柱と柱の内法寸法を基準寸法の整数倍とす

畳屋さんとの打ち合わせ時は、江戸間とか関西間とかいう言葉が飛び交います。
あとは中京間とか団地間とか、まさに地域柄が出る感じです。
(地元でしか仕事はしてませんが。。)

その他の業者さんとの打ち合わせは
910(キュウヒャクトウ)とか3尺モジュールとかメーターモジュールとかなんですが。

ちなみに僕はごろごろできる和室が大好きです。笑

そして、しばらく抜けていた学習記録。
合格物語は全然2周目いけてません。。。
法規・・・4択過去問10問
ウラ法規本
施工・・・4択過去問 20問ほど

あ、最近、力学しそびれてる。。。
朝からゴミ拾いしてきた、あーです。
自治会のクリーン作戦的なやつです。

その後は、新規の打ち合わせ → メイン現場です。
日曜日ですが、いつもより賑やかでした。笑

さて、前回の受験前に、テキスト以外の「勉強しやすそう」な本をいくらか購入しました。
IMG_2268.jpg

これも。施工の講師が、「案外、いいよー」と軽く言ってたのを真に受けまして。
まったく、試験勉強向きではなく、現場必携みたいなやつです。

が、この小さいサイズに、施工分野すべて載ってます。笑
現場内で、施工の受験テキストは持って歩けなくても、これはさほど、違和感ないです。笑

が、職方さんからの「これ、どうしましょ?」に
「ちょっと待ってくださいね、ぺらぺらぺら・・・」という余裕は、正直、無いですけどね。

かといって、僕には判断できない場合は、「どんな方法があります?」
からの、「んじゃ、こっちで!」的な。

ああ、深く広い知識と経験がほしい。笑
それでもまあ、知らないばかりはアカンので、がんばって学びます!!

で、DAY76にちなんで、P76を見ると、、、
IMG_2279.jpg

おおー、モロ、だ。笑 いや。 汗汗

24083
構造体の計画供用期間の級が「標準」の建築物において,地中ばりのあばら筋の加工については,特記がなかったので,幅,高さの加工寸法の許容差をそれぞれ±5mmとした

これ、過去、何回も出てきてる問題でした!!

そして、「あばら筋、帯筋、スパイラル筋」だけ、±5㎜なんですね!
あとは10㎜、15㎜、20㎜なんです。(いや、それも準備しとかなあかんですが。)

級が標準でも長期でも、あばら筋、帯筋、スパイラル筋だけは一桁、だ。
ほほー。

こういう違いがわかる男になっていこう。
某コーヒーのCMみたいだな。
99783.jpg

やっぱりあった。笑

大沢たかお → 深夜特急?世界の中心で愛を叫ぶ?仁?

うまくつながらんけど、なんとなく、鉄筋の加工寸法問題出てきたら
大沢たかお、思い出してみようっと。笑
試験勉強の内容を現場で見つけるとうれしくなる、あーです。

今日のは、
IMG_2256.jpg

見えるかな。「防火設備
法2条六号、延焼のおそれのある5m以下(2F)にある開口部です。
まだ障子(ガラス)は入ってませんが。

このサッシの向こう、写真では外部足場のメッシュシートですが、
その向こうは、冬の透き通った青空でした!!
覚めるような青。
ふっと、気持ちよくなりました。
まあ、風は刺すように冷たいですけど。笑

で、この「延焼のおそれ」の過去問題。
単純に
19015
建築物の地上4階部分の外壁で,道路中心線から5m以下の距離にある部分は,原則として,延焼のおそれのある部分である。

てのもありましたが、最近のH29では

29013
同一敷地内に二つの地上2階建ての建築物(延べ面積はそれぞれ400㎡及び200㎡とし,いずれも耐火構造の壁等はないものとする.)を新築する場合において,当該建築物相互の外壁間の距離を5mとする場合は,二つの建築物は「延焼のおそれのある部分」を有している。

400+200=600 > 500 が要チェック。

IMG_1541.jpg

こんな感じですね!うんうん!

確認確認、せっかくの教材。
試験のための勉強も大事(?)、必要ですが、

実務につながるのは、もっと大事なはず! 

(日曜だけど)(娘ににちようびもおしごと?て聞かれたけど)
明日もがんばろう! 苦笑
試験のマークシートの塗りつぶしはえんぴつ派の、あーです。笑
問題解くときは、シャーペンです。

現場でもえんぴつ、多用してます。建築シャーペンも使いますが。
赤えんぴつも、黒えんぴつも。

この業界に入ってきたころは、えんぴつ削りも必須でした。
職人さんたちのように、カッターナイフとかで削ると、えげつない芯になったので。笑

いつのまにか、普通に使用できるようなえんぴつ削りができるようになりました。

そんなことをふと、現場事務所で一息入れたときに思い出してました。
疲れてるのか、自分!?笑

IMG_2278.jpg

それでも、木造とかの室内造作などのシビアな墨付けは、えんぴつ削り使う方が無難ですが。笑

あと、単純に墨も使います。糸はじくやつ。
あと、竹の「スミサシ」で、ちょいと「墨付け」したりも。
だから、指もヘルメットも、墨(黒)がよくついてます。
写真のカッターナイフやえんぴつにも。笑

さて、ということで過去問キーワード「削」
省エネ問題の「削減」とか、むちゃくちゃありました。苦笑

その中で一番、えんぴつ削りに近いのを。
29273
LVLは,日本農林規格(JAS)において「単板積層材」と呼ばれ,主として各層の繊維方向が互いにほぼ平行となるように積層接着されたもので,柱,梁等の線材に使用される

ラミナですね。流行りのやつ!
あ、問題文には「削」がない!!

【解説】
LVL(単板積層材 Laminated Veneer Lumber)は,木材を厚さ3mm程度に切削した単板を繊維方向が平行になるように積層接着したものである.一般材(造作用材)と構造用材がある。

ここか。笑

LVL ていうのをアルファベット(頭文字)としてではなく、
記号として見たら、なんとなく積層板の感じがするのは、僕だけかな。笑
コンサートには久しく行っていない、あーです。
でも、娘の音楽会はほぼ行ってます。笑

さて、メインの現場は2F建て鉄骨造。
2F床はデッキプレートです。

ちなみに「デッキプレート」問題はあちこち。
たとえば計画の積算。
21193
デッキプレートの所要数量を算出する場合,設計数量を標準とする。

で、2F床がデッキプレート+スラブなんで、軽鉄下地用に
打ち込みインサート(通称?デッキパンチ)を施工しておきたかったんですが、
もろもろの現場事情で、1Fからの「あと施工アンカー」にしました。
こっちの方が割高。。。

アンカー屋さん、ほぼ半日でしたが、431本でした。
で、その「あと施工」の埋め込みインサート設置したオシリから軽鉄下地が。
あっという間に天井LGS下地が。
こういう間髪入れず現場が進むと気持ちいい。笑

IMG_2234.jpg

この現場だけでなくいつもお世話になってる、軽鉄屋さんは、父親と40年来のつきあい。
なかなか迫力のある親方ですが、年に1回ほどは、
「今、〇〇(近所)におるから、おいでや」と呼び出していただき、
へべれけになるまで、浴びるように呑みます。いや、浴びてます。
えいちゃんを唄う、そんな方です。笑

職人さんらは、「追われるのはかなんっ」と言われますが。笑
まして、この迫力ある親方に追われると、ほんとにたまらんやろな、と思いつつ
その親方効果も期待しているのは事実です。笑

ということで、キーワードは「浴びる」と行きたいところですが、
そんな問題はないので「インサート

3問ヒット。
28223
特定天井の天井下地に該当しない一般的な軽量鉄骨天井下地を新設する内装改修工事において,既存の埋込みインサートを再使用することとしたので,引き抜けないことを確認するめに,工事対象階の3箇所でそれぞれ400Nの荷重により,吊りボルトの引抜き試験を行った

うんうん、『400N』てのが、合格ラインですねー。

そして僕が次の試験で目指すラインは100点です。

よし、がんばろう!!
気が付いたら日暮れ、もう一回気が付いたら明け方なリズムになってる、あーです。

メイン現場(ハブラシ工場)は朝礼終えた直後から、
あっちこっちの職方からひっぱりだこ。
たくさん施工図も書いたものの、まだまだ説明しきれていない
あーんど、現場合わせのことが多々ある。
(ある意味、現場対応で乗り切れるのですが 笑)

経験値の高い父親にも手助けしてもらって、現場をやりくりしてるものの、
準備不足を痛感してます。
準備というか思考期間というか。
もっと考えときゃよかった!ココのことまで考慮できてなかった!的な。

躯体工事してた頃みたいに、現場事務所でお勉強♪
なんて時間はなく、「今日はコレもアレもしたかったのに~」状態。

でもまあ、がんばるしかない。現場も勉強も。

先日の講師の方と話した時も、
「状況は違えど、この勉強する人は、忙しいのは皆いっしょだから」
と仰られてました。
講師の方でさえ、その忙しい中、対応してくださってるのに、
こっちが踏ん張らないでどうする!? 

と、自分への戒めで書いてみました。笑
IMG_2236.jpg
<毎日20人余りの職人さんが作業してます>

写真の時は
空調設備、換気設備、小荷物専用昇降機、LGS下地の工事が施工中です。

このブログでも『非常用昇降機』のこと(2018/12/9)を描きましたが
昇降機問題も案外、頻出ですね。

ま、それ以上に空調や換気設備問題は出てきますが。笑

「良く出てくるなああ」と思いながら、音声問題聞きながら、就寝します。
本日、過去問検索はオヤスミ。

なぜなら、合格物語の入ってないPCで投稿してますー

よし、心、亡くさずがんばろう。
明日は、ユニットバス屋と左官屋と軽天屋と空調屋と電気設備屋と板金屋と、エレベーター屋と・・・



2019.01.15 DAY71 成人式
今流行り?の2分の1成人式ならぬ、もうすぐ2回目の成人式になる、あーです。
成人が18歳になったら、2分の1成人式も小学3年生でやるのかな。

さて、80年生まれの僕には成人式と言ったら1月15日、のイメージがまだあります。
そういえば、当時、新成人のあいさつをしたような。。。笑
成人式 → 中学校の有志同窓会 → 高校の有志同窓会をハシゴした思い出も。笑

t13_prof04_img03.jpg
<市の広報より>

僕の住んでいる市では、成人の日の祝日に行っていますが、
郡から市へ合併したこともあって、各中学校単位(町)の成人式が、
今では市内全体のよう。

さてさて、今日のキーワードは「20」にすると、莫大な数がヒットします。汗
そら、もう、大変でした。
なので、「法20条」。構造耐力、構造計算に関係するところですね。
いろんなパターンがありますが、今日はこのやつ。
もちろん、H30も出てました!しかも、類似過去問題もありましたね。。。

30292
許容応力度等計算を要する建築物について,許容応力度等計算を行ったものであっても,構造計算適合判定資格者である建築主事が,確認申請に係る建築物の計画が建築基準関係規定に適合するかどうかを審査したものは,構造計算適合性判定を受けなくてもよい

これは、具体的に書いてあるバージョン。

24124
建築物を新築する場合,高さが31m以下の建築物で,許容応力度等計算を行ったものは,構造計算適合性判定の対象とならない場合がある

この場合があるバージョン! 
この問いに限らず、これ(場合がある)に対する準備をしていきたいと思っています。

許容応力度計算、適判、ときたら、
①適判必要ですね。
②でも、主事さんらが有資格者で判定できるなら、必要ないですよね。

①と②がありますね。今日はこちらでお返事します、という準備。

きっと出題者との対話というのは、こういうことですね。


ちなみに、法規で、キーワード「場合がある」検索してみると、
合格物語2019だと、16件ヒットしました。

思ってたより、少なかった。。。笑

講習会の勉強モードもどこえやら、
すっかりあわただしい現場の日なった、あーです。

土日の講習会で留守中に、娘ちゃんと奥様の間で1つ問題が。
講習会の最中に、「パパさんから、一度お話してくださいー!」というメールが飛んできてて。

まあ、なんとか早く帰って晩御飯も一緒に食べて(普段、ほとんど間に合わず)、
食後の団欒タイムに、ちょいとお話。

と思ったら娘ちゃん、父ちゃんからの「お話あるねん」に、
すぐに気付いた様子。
はにかみつつ、でもちゃんとお話しの姿勢に。
決して声も荒げることもなく、いつも通り甘い声でお話はじめると
目にうるうる涙が。こらえてるのが可愛すぎて。。。笑
かわいすぎて怒る、て状態になるでもなく、ゆっくりお約束の話ができました。
まあまあ泣いてたけど、まっっったく怒ってないんやけどね。笑

声のトーンも変えたつもりもないんやけどなー。笑

ということで、声ではないけど、キーワード「トーン」
トーン → 「色調」でヒットしました。
h29-2-No1A.jpg

あ!この前の問題だ。
声つながりだと、音の「回折」も。
ママの高い声より、父ちゃんの低い声の方が、耳の奥までまわりこんじゃうのかな。笑

その後はもちろん、復活した腕枕で寝ましたよ。(寝かしつけられた 笑)
そして、僕が目覚めたのは、また夜中。。。
力学2問だけしました。

昨日の分か?今日の分か?笑

ということで、H29学科Ⅱ No.1は、娘との可愛い思い出に問題になりました。笑

早起きしすぎて、講習会に何回か意識が飛んだ、あーです。
おそらく、寝言ちっくなことも発してしまった。。。

早起きしたあとは力学したものの、本末転倒だ。。
だけど、一番大事なことは聞き逃していないはず。
今回の講習会は解説がメインではなく、「解き方」、「本試験への取り組み方」を学ぶこと。

昨日は昨日で、『濃淡』。
今日の学びは、
力学は過去問のどれか(ちょっとしたアレンジ)、
構造文章は考え方
施工は数値の暗記、が大事だということ。

たしかにたしかに。
力学は、H30への取り組みで、だいぶ苦手意識はなくなりました。
あとは、過去問演習し続けるだけ。

文章題は、似たような問題で、見事に間違えてたりするので、
1つの問いに対して、1つの答えを覚えるのではなくて、
中地震に対してはこの程度はOKだよね、みたいな考え方を身につけること。
ここで登場するのが
<改訂版 図説 やさしい構造設計>
51RO3Kua63L__SX369_BO1,204,203,200_

うんうん。また読み返そう。読み砕こう。

そしてH30で痛い目をみた、施工。
もう暗記。現場管理を教材にし、
(しすぎると諸刃の刃。。。)
天使の声(音声教材)を活用しようと思います。

よし、2日間、しっかり響いたぞ。
講習時間を除いた勉強量は、大したことないけど。苦笑

今年こそ!! きめるぞー!!
今日で、もひとつギアをあげたつもりの、あーです。

本試験検証講習会(環境・計画・法規)でした。
各科目、対策や解き方は一律、というこではありませんが、
一番、響いた言葉は
「問題の濃淡を感じる」
特に法規の解き方です。

他科目より時間が足りない法規で、問題の難易度を見分けろ、てことです。
見分けるために、見分けれるだけのチカラをつけなくてはいけない。

濃淡を見分ける。

一問一答としてではなく、4択の問題としても、
その濃淡を見分ける。

1つの目標、目安ができました。

といいつつ、なかなか具体的にわかるものではないでしょうが。
IMG_2204.jpg

あと、やっぱり過去問の精度アップですね。
難しい難しいと思った本試験も、過去問から(アレンジ含め)が多いこと多いこと。

IMG_2203.jpg

さあ、明日(構造・施工)もがんばろう!
日中、さむーい現場で作業して、
かわいい娘とお風呂はいって、お布団入ったら、あっという間に寝てしまう、あーです。
腕枕したまま寝て、途中で起きようと、もそもそしてても、
枕が動いた娘が無意識のまま、きゅっとくっついてきたりしたら、
こっちもそのまま、またお布団に。。。 充電タイム。笑

さてさて、ウラ指導(又は合格物語)の受講者のみ公開の掲示板があります。

その掲示板内で年末年始用に宿題が出てました。
H29本試験の学科Ⅱ(1~10)。

先日、その中の数点、解説がアップされてました。
解説、というよりは『解き方ワークショップ』。

他人(自分じゃない人)の解答や描き出しを見ることで、
他人の視点であったり、解答の癖が見えたり、
そこから比較して、自分の解答の癖が見えたり。

で、この『解き方ワークショップ』勉強は大好きなんです。
吸水率スポンジ並の自分にはかなり、有効な勉強法だと思っています。
だから、実は先生にも、ちょっとアピールしてました。笑
『解き方ワークショップ』勉強は大好きなんです、て。

が、いかんせん、これは自分だけではできない。。。
まず他人の解答があってこそ、なんで。

だからこそ、この掲示板の宿題(しかも、先生のレクチャー付)、
ありがたい。。。

で、ひとまずNO.1(自分の解答)
h29-2-No1A.jpg
(比較うんぬんは、掲示板で行われています。)

ちなみに、この解答に対しての先生からのレクチャーは

-1で「色度は・・・」とあると、どうしても主語を軸に考えがちですが
「色の明度と彩度」「知覚的評価」から「トーン」が出せるかどうかです。

主語の「すり替え問題」は受験生の多くが苦手なので、
それに気づくには、普段の学習で「理解」より1歩踏み込んで、出題を
意識する習慣付けがほしい。ここはバッチリです!

 -1をスルーすると、どうしても-2辺り曖昧にしていると、引っ張られます。
29012の「障害物の大きさよりも音の波長が大きい」→低周波音
のイメージを断面で描き出せていると、理解している事が分かります。
「回折」で合物をキーワード検索すると過去に3回出題されています。

H29は少し高度な聞き方なので、その出題の違いについて確認してみてください。

ほうほう。
この解き方解説(日本語おかしい??)に加え、他人の解答も見比べたりすると

ほうほうほうほう!!! となってます、僕は。
実に自分に合った勉強法だ。笑

ま、これも含め、誰かとの勉強会も、そればっかりではあかんくて、
自分の知識、精度もちゃんと高めないと、と引き締まったところで本日、おしまい。

そして明日からは、本試験検証会!@大阪

今日の記録
力学・・・2問
線引き
環境・・・4択過去問10問ほど

生放送の情報番組にちょろっと出た、あーです。
いや、映った程度です。
それでも、TV局、新聞社3社、市広報さん等から取材を受けたりしました。

えべっさんでの取材ですが、決して大マグロを購入したわけではありません。笑

おらが村のえべっさんは、あの福男で有名な西宮神社の分社です。
(比べものならないくらいに小さいけど)

それにちなんで、僕も所属する地元青年団が主となって
鳥居までの田舎の田んぼ道を疾走する「福男選び」を4年前から始めました。
せっかくならと、小学生の部や女性の部もつくったんです。
それが好評で、4年連続でTV出てます。笑
たまたま、今年はその青年団のカイチョウさんをしてまして。

昨年までは録画で、編集済みの放送だったんですが、
今回は生放送。
小学生女子の部、一般女子の部、と1時間番組の中で2回、中継してもらいました。

IMG_E2202.jpg
<こんなかんじ>

ど平日なんで、運営側も参加者も厳しい日程でしたが、なんとか盛大に終わりまして
あさ6時からの準備も先ほど終わった慰労会をもって、
今年度のえべっさんおしまし。商売繁盛、笹もってこい。

正直、今日はほぼノー勉強。しまったーーー
なので、せめてキーワード検索。「門」
専門、とかにもヒットしますねー。ちょいと視点を変えて、「凱旋門」

12252
パリの旧エトワール広場の凱旋門とは,バロック建築の建築様式である  → ×

(解説)
「凱旋門(1806~1836年,フランス パリ,J.F.シャルグラン設計)」は,パリのエトワール広場(シャルル・ド・ゴール広場)にあり,古代ローマの凱旋門を模して建造された.高さ50m,幅45mという巨大さが特徴で,「新古典主義建築」の代表作のひとつである

新古典主義ということは、西洋史では、近代の方ですね!!

西洋史といえば、ギロビロゴルバロネ

くわしくは、ウラ指導先輩のブログをご覧ください。 → コチラ



2019.01.09 DAY65 警察
運転してたら、たまたま前の車が奥さま&娘だった、あーです。

今日はローカット(安全靴)の靴が埋もれるほど、雪が降りました。。。
昼過ぎにはほとんど、解けましたが。
もっと北部(日本海側)に住む職人が、作業を止めて帰りました。

さて、奥さま&娘に出会ったのは、地元警察署に向かっておりました。
出頭ではありません。笑

地元の「10日えびす」の関係で、「道路使用許可」を受け取りに行ってました。
娘に「あのあと、ケイサツ行ってん」と、伝えたら
だいぶ悲しそうな顔したので、慌てて訂正しました。笑

ということで、キーワード検索「警察」
施工にもたくさんヒットしましたが、今日は「法規」で。

28014
延べ面積2,000㎡の警察署は,「特殊建築物」である。

さあ、フォーカスポイントを検討すると、「特殊建築物」かどうか。
国家権力だし、公務員だし、公共性高い気がするけど-----

「特建」ではないんですねー!

判断不特定多数、の人が来ない、という点。

用事がある人だけが行く場所ですね。要注意!

道路使用許可書
<許可証サンプル>
いつもより早起きしました。
一緒に寝ている猫その2は、僕が起きても布団から出てこなかった、あーです。

メインの現場は土間スラブの打設でした。
一発仕上げなので、左官屋(通称、土間屋さん)も呼んでましたが
4人とも若かったー!笑
12時に打ち終わったものの、仕上げ終わったのは21時過ぎでしたー。。。
今日はあったかい日でしたが、明日はどうだろう。。。
IMG_2159.jpg

打ち手3人、土間屋4人、ポンプ屋3人。
賑やかな打設でした。笑

ということで、キーワード「圧送」
26113
コンクリートポンプによる圧送において,粗骨材の最大寸法に対する輸送管の呼び寸法については,粗骨材の最大寸法が25mm以下の場合,100A以上とする

この問題も過去問頻出でした!
輸送管の系は、100Aと125Aがあります。

ということは、ポンプ屋さんは、40歳過ぎたら位があがる、って感じですね!
せりなずな、ごぎょうはこべらほとけのざ、、、、
の続きが思い出させなかった、あーです。

今日は朝ごはんが七草粥でした。
案外、娘が喜んでました。笑

ちなみに、「せりなずな、ごぎょうはこべらほとけのざ、すずなすずしろ、春七草」
と、奥さまに自慢げに教えてもらいました。
でも、「どれがどれ?」という質問には「それは、知らん」と返されました。笑

キーワード検索「七」にしたら、たっくさん(特に法規)ヒットしました。
なんで、「幕の内」→「幕」で。
これは環境(3)と計画(6)で、9件ヒット。

30013
光幕反射は,机上面の光沢のある書類に光が当たる場合等,光の反射によって文字等と紙面との輝度対比が大きくなる現象である

光幕反射 = 反射グレア ですね!

と思っていたら、「光幕反射」と「反射グレア」は、一応区別されているとのこと!
光幕反射: 黒板の字が窓と反対側の席で見にくくなるやつ
反射グレア: ショーケースの前面ガラスが鏡面となり、中のものが見にくくなるやる。
kokubann.jpg

ちなみに!
光源そのものがグレアではない。
これ、大事な気がする。
うん、勉強した記憶があるある。

ちなみに、掃除やチョークの粉が嫌われる黒板。
でもホワイトボードより、目も疲れないし、ホワイトボードより圧倒的に字がよく見えるんですって。
そら、深緑に白字と
艶有白に黒字、ですもんね。
「とめ、はね」もしっかりわかるそう。なるほどなるほどー。
(ぜったい、試験にはでないけど)
2019.01.06 DAY62  プール
新年早々、自治会の出役と新年会を済ませた、あーです。

その後は、奥さま娘と共にプールに。
お父ちゃんは、見守り音声学習しました。
小学生になる前からスイミングを習ってる娘は、次の進級テストはバタフライだとか。
奥さまもずっと泳いでれる人です。
お父ちゃんは溺れるようなクロールしかできません。。。

「製図試験でプールか。。。」なんて思いながら見守りつつ。

ということで、今日のキーワード検索「プール
なんと3件。そのうち2つが、学校関係でしたが、残りの1つがこれ。

28123
ヒラルディ邸(ルイス・バラガン)は,不整形敷地に建つ地上4階建ての医院併用住宅であり,台形の平面をもつ医院と矩形の平面をもつ住居は,中庭のスロープによって繋つながれている

→× 問題文は,「クルチェット邸(ル・コルビュジエ,1949,アルゼンチン)」の記述のため誤り

ヒラルディ邸で出てくるのは、ピンク、青、赤みたいな色づかい、なところでした。
(住宅建築の名作、そんなに覚えてない 苦笑)

で、改めて画像検索したら!!
よく見る青と赤の壁柱のやつ、あれ、室内プールだったんですね!!
しかも、あの部屋、ダイニングだとか!

MG_5900-1.jpg
(ここ)
いやあ、インパクトあった!!

ちなみにクルチェット邸。
クルチェット

世界中に多くあるコルビュジエ作品の中で、
当地のアルゼンチンを含む南アメリカ大陸にあるのは、これだけだって。
そして、設計はしたけど、コルビュジエさん、アルゼンチンには行ってないんだって。笑
今日は久しぶりに(今年初)、まとまった勉強時間を確保した、あーです。

大阪ではウラ指導のH30本試験検証講習会が、ちょうど一週間後にあります。

8月には、自分なりに見直しはしました。
ウラ指導のサイトから、自分なりに解答率は書き出しましたが、
検証、というよりは「見直し」です。

今日も、各科目復習を兼ねて、総見直し。

悔しさとともに、染み込め染み込め。と唱えながら。

なんだか当日はドキドキした問題(選択肢)も、
合格物語、でてきてますやん。苦笑

やっぱり過去問の精度を高めるの有効なんだろうな、と実感。
H30も追い込んで追い込んで問題集をこなしましたが、
2019は精度と準備、高めていこうと、再確認の日でした。

こんなんとか、
IMG_2169.jpg

こんなんとか。
IMG_2168.jpg

よしがんばろう!

とりあえず、2019、毎日勉強はしてる!
遅ればせながら、初詣に行ってきました。
早終いの仕事後、京都の北部へ車で1時間ほどの「元伊勢神宮」に。

元伊勢(もといせ)は、三重県伊勢市に鎮座する伊勢神宮(皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮))が、現在地へ遷る以前に一時的にせよ祀られたという伝承を持つ神社・場所。 (Wikipediaより)

つまり、天照大御神さんがおられるところ。

お、千木が水平だ。→ 女神
と思っていましたが、千木の形や鰹木の数で男女神の判断するは俗説のようです。

ただ、神明造りは直線的な造りで、(大社造りは曲線的
屋根も耐久性の低い萱や板を使うため、
雨や雪が流れ落ちやすくするために屋根の勾配をきつくし、
切妻であるため軒出も大きく作る必要がある。
だから、屋根の頂上部は板で覆い、
補強のため鰹木もあるらしい(あくまでWikipediaより)

ちなみに古代は神社は萱、寺院は瓦、という風習だったみたい。

ほうほう。

IMG_2120.jpg

サイズこそ違えど、形状も伊勢神宮にそっくり。
IMG_2121.jpg

過去問検索「神明造り
18251
「神明造り」とは,切妻造り,平入りとし,柱はすべて掘立て柱を用い,2本の棟持柱があり,平面四周に高欄付きの縁をめぐらす形式である

お、ほぼ4年周期で出題されてる。式年遷宮か!?
H30は飛んだから、そろそろ!?笑
あ、「伊勢神宮」はもっと頻繁に登場してた!

神明造りときたら、大社造り、住吉造りを引っ張り出して、
できれば春日造り、流造、八幡造りまでいって、
比翼入母屋造、権現造まですらすらっとたどり着きたいところ。

我が家の近くは「五間社流造」な、春日大社です。
9.10日はそこで、えべっさんですー。忙しいそがし。
初めてコストコに行ってきました、あーです。
実家お泊りからの、実姉家族とともに。何の流れだったのかわかりませんが。

まー、いろいろサイズ(量も)が大きくて、海外イズムが。笑
嫁さんも圧倒されつつ、姉家族とシェアできそうなものを買ってました。

僕は、ちょっとオドオドしてる娘と、ちょろっと試食しつつ、ウロウロしてました。

あの売り場と同じくらい倉庫部分があるのかなあ。
それとも、あの展示部分も、倉庫的な在庫保管部になってるのかなあ
駐車場の勾配は、、、

商業建築範囲のうっすら知識を、精いっぱい思い出しつつの初コストコでした。
IMG_E2113.jpg

コストコ内の写真でも撮ればよかったかな。笑

帰り道、勢いで嫁様がiPhoneをグレードアップ。
7→Xsになりました。

 が、ショップを出てから、
「バックアップ? LINEのアカウント?」
てな話になって、急きょ事務所によって、嫁PCのiTunesに接続。
そしたら案の定。
「ロックを解除するパスワード??」と。

家のPCは古い&ノーセキュリティなんで、仕事用ノートパソコン持って帰って
アップルIDやなんやかんや、一緒に思い出したり当ててみたりして、
娘が寝たあともパソコンとスマホをカタカタぽちぽち。

なんとか、LINEも履歴ごと、スマホも先代と同じ状態に。
なかなかの時間を食われましたが、
明日からまた、母子家庭みたいな日々がスタートするので、ご奉公しました。苦笑

ちなみに、スマホケースは娘が「えらぶー!」と張り切りまして
夫婦おソロになってしまいました。笑

ということで、今日の記録
力学・・・2問
ウラ法規本
嫁様の実家に年始の挨拶に行ってきました。
嫁様お兄さんとお姉さんがいて、いつもの盆正月はたいそう賑やかなんですが、
今年は2家族とも寒波や子ども都合やら帰省せず。
車で15分足らずの近所に住む、我が家だけでした。笑

子どもたちのワーワーキャーキャーがない分、
うちの娘さんは、じいじばあばと一緒にトランプ。
もちろん僕らも一緒に3世代で。
思いの外、じいじばあばが、しっかり楽しんではりました。笑
ババ抜きしたら最後の2人にお義父さんとお義母さんが。
キャッキャと5ラリーくらい、ババ引き合ってました。笑
平和な正月でした。

IMG_2106.jpg

「認知症のテストみたいや」と。笑

ということで、キーワード検索「認知症」
24154
「認知症高齢者グループホーム」とは,要介護状態の認知症の高齢者を対象に,5人から9人程度の小規模な生活の場において,入浴,排泄,食事の介護,機能訓練等を行うことにより,利用者の有する能力に応じ自立した生活が営めるように援助するサービスを提供する施設をいう。

「認知症」だけで検索すると、グループホームの問題がヒットしますね。
ここから意識広げて、高齢者関係の施設の分類もイメージしておきたいところ。

特養とか福祉ホームとか。
IMG_2141.jpg

実は、この辺は前職の関係もあり、得意だったりします。
が、それも10年以上前の話だ!!汗