FC2ブログ
初日と意気込んだラジオ体操が雨で流れた、あーです。
まだ梅雨なのね、と思い出しました。。

さて、2019の学科試験までひとケタになり、
ブログの方も今回でおしまい。
明日が試験じゃないけど、
明日が試験て時までブログ書いてなくてもええかと。
今日で、一区切りします!

第2章になるか、エピローグになるか、、、
その報告は8月に入ってからの予定です。

今週はがっつり勉強週!と段取りしてたものの、
そうはうまくイカナイみたい。
それでも、死に物狂いで、仕上げていこう。

ということで、「おしまい」っぽく、
今日の過去問キーワード検索は『終局』

15202 → ×
建物の耐震設計に関して,「曲げ降伏型の柱・はり部材」と「せん断破壊型の耐震壁」により構成される鉄筋コンクリート構造の建築物の保有水平耐力は,一般に,それぞれの終局強度から求められる水平せん断力の和とすることができる

これな!! 「和」とか「それぞれ」とかの問題で、
よーく間違った!!
➡(反対向き)の上半分、みたいなグラフ!

cf18aa80.jpg

正しい記述にすると・・・

「曲げ降伏型の柱・梁部材」と「せん断破壊型の耐力壁」により構成される鉄筋コンクリート構造の保有水平耐力は、一般に、「せん断破壊型の耐力壁の終局強度から求められる水平せん断力(Q1)」と「せん断破壊型の耐力壁が破壊した時点における、曲げ降伏型の柱・梁部材の強度から求められる水平せん断力(Q2)」の和とすることができる

みたいな。

15135
鉄筋コンクリート構造に関して,はりの圧縮鉄筋は,一般に「クリープによるたわみの抑制」及び「地震に対する靱性の確保」に効果がある

クリープによるたわみ、てのはコンクリートに起きるものとして考えて
圧縮鉄筋がある場合 →
→ (圧縮側の)コンクリートの負担を減らす
→ (コンクリートによりう)クリープ変形が小さくなる
→ 効果がある、ていう言い換え。

類似問題、ウラ模試にも出てたね。
28113 → ×
鉄筋コンクリート構造の梁部材のクリープによるたわみを減らすために,引張側の鉄筋量を変えることなく,圧縮側の鉄筋量を減らした

この問題、結構頻出だ。

あとは、終局絡みは、「累加」の問題。
この前やったので、またさらっとおさらいしとこ。

さ、とうとう! やるぞー!

最後の写真は、週末の暇を持てました嫁・娘からのプリント倶楽部。笑
細長比? アスペクト比? ちょっとおかしいけど。笑

(そーいえば、と思い出したかのように)
応援コメント付き。笑

IMG_4090.jpg

せっかくなんで最後に。笑 『アスペクト比』でヒットした問題。
あ、またウラ模試。笑

28261 → ×
アスペクト比(幅に対する高さの比)が大きい塔状の建築物の場合には,大地震時の転倒に対する抵抗力を増やすために,基礎構造を軽量化する

プリクラは、脚がほっそく、なっがくなってるけど。
建物は違いまっせ、ということで。

いざ!!

あー、今年こそ!!

スポンサーサイト



未だに合格物語の「学ぶ」と「〇×問題」の違いがわからない、あーです。
つまり、使いこなしてないのか。。。
緑と青、くらいしか。。。

とりあえず、直前勉強予定その3の20年分ひと通り、
に向けて、「〇×問題」で2年ごとに、合格物語流し。
1回目よりは正答率あがってるものの、ヤラカシがあちこちに。

27294  → ×
高力ボルトF10Tのせん断強さの下限値は,1,000N/mm2である

【解説】
F10Tの高力ボルトは,引張強さが1,000~1,200N/mm2の高強度鋼材である.なお,高力ボルトの記号の中の数値は引張強さを(tf/cm2)で表して(10tf/cm2≒1,000N/mm2)おり,せん断強さではない.JIS B 1186(この問題は,コード「03254,05175,08164,09253,15243,19253」の類似問題です.)

F10T  → 1000N/mm2 で
さくっと〇にして、間違えました。

ちょー頻出なのに!!
前も、やらかした記憶が。
冷静に冷静に。。
b89b45c5.jpg
画像は違う問いやけども。

ということで、「F10T」で過去問検索。
19253
F10Tの高力ボルトの引張強さは,1,000~1,200N/mm2である

うん、これが基本ねキホン。

12171
H形鋼のはりの現場接合部には,遅れ破壊が生じないF10Tの高カボルトを用いる

F11Tは遅れ破壊を起こす可能性あるからね。
F10Tは可能性がない(もしくは少ない)からね。

28161

高力ボルト接合となる梁の継手部分に,F10Tの代わりにF14T級の超高力ボルト(遅れ破壊の主原因となる水素に対する抵抗力を高めた高力ボルト)を用いることで,ボルト本数を減らし,スプライスプレートを小さくした

だから、F14Tが登場。

で、違う言葉にまどわされちゃいけない問題。
19143 → ×
F8T相当のM20の溶融亜鉛めっき高力ボルトの孔径については,F10TのM20の高力ボルトの最高孔径より1.0mm大きくした

溶融亜鉛めっき高力ボルトだからって
めっきの付着による径の拡大を考慮して、孔を大きくすることはしない
M20なら孔径は22mmで!

去年の夏ごろから、この高力ボルトが無くて
大変だったんよねー。
工期、変更したもんなーーー。

あれからあっという間に7ケ月。。。
あっという間に10日前!!
最後の講習会を最前列で受けた、あーです。

しかもホワイトボードの前で。笑

単なる解説講習会ではなく、Q&Aも快く答えてくださるし、
いやー、やる気になる講習会でした、2日とも。

ということで、今日の過去問検索は、
個人的に質問した範囲から。『累加』
IMG_3946.jpg

22194
鉄骨鉄筋コンクリート構造の柱の曲げ強度は,鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分のそれぞれの終局耐力の累加が最大となる一般化累加強度式により算定することができる

S+RC だから、〇やね。
類似問題3問!頻出!

19144 → ×
鉄骨鉄筋コンクリート構造において,埋込型柱脚の終局曲げ耐力は,柱脚の鉄骨断面の終局曲げ耐力と,柱脚の埋込部の支圧による終局曲げ耐力を累加することによって求めた

23193 → ×
鉄骨鉄筋コンクリート構造において,埋込み形式柱脚の終局曲げ耐力は,柱脚の鉄骨断面の終局曲げ耐力と,柱脚の埋込部の支圧力による終局曲げ耐力を累加することによって求めた

あ、一緒やった。
累加てのは、S+RCのこと。
これら問題だと・・・
柱脚の鉄骨断面 → S
柱脚の支圧 → Sの軸部  
てことは、S+Sやん? 
だから、×!!

29253
鉄骨鉄筋コンクリート構造の柱脚を非埋込形式とする場合,柱脚の曲げ終局強度は,アンカーボルトの曲げ終局強度,ベースプレート直下のコンクリートの曲げ終局強度及びベースプレート周囲の鉄筋コンクリートの曲げ終局強度を累加して求める

S+RCね。
基本に忠実に、解いていこう。
さあ、2週間、きったーーー!!

明日もがんばろう!!
2019.07.09 DAY245 総動員
今日から大好きな先輩姉妹、のご実家、の離れの改修工事を始めた、あーです。
姉妹ともに仲良くしていただいてるとこなんで、
いろいろ条件が厳しいものの、全精力注いでます。
なんせ、久々に自ら解体したし。笑
そして、くたびれました。苦笑

しかしまあ、仕事してるのは社会人受験生みんな一緒で、
そして、試験まであと2週間ちょっとなのも、一緒。

先日、とある自習室に行ったら、20代と思しきメンズたちが
一級のテキストと法令集開いてました。

そして、全員、タブレットかミニPCみたいなの開いてやってました。
受験勉強は、そういう時代か。。。

ま、僕も案外、アナログ(紙と鉛筆)とデジタル(マックとかアップルとか)、
駆使してます。各能力の100%活用しきれてるとは言えないけど。苦笑

普段使いの腕時計(試験にも持っていくやつ)も、
アナログの針と、盤にデジタル部分がある。

試験は、頭のあっち側とこっち側を駆使したいところ。

ということで(?)、今日の過去問キーワード検索は『の和
の×問。

21192 → ×
柱の短期荷重時のせん断力に対する検討に当たっては,鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分の許容せん断耐力の和が,設計用せん断力を下回らないものとする

これは、それぞれ。

15145 → ×
鉄骨鉄筋コンクリート構造に関して,部材の終局せん断耐力は,鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分において,それぞれの「曲げで決まる耐力」と「せん断で決まる耐力」のいずれか大きいほうの耐力を求め,それらの耐力の和とすることができる

【解説】
部材の終局せん断耐力は,鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分のそれぞれの「曲げで決まる耐力」と「せん断で決まる耐力」のいずれか「小さい方」の耐力の和として求める.ただし,許容せん断力は,それぞれの和とすることはできない.すなわち,鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分の許容せん断力が,それぞれの設計用せん断力を上回るように設計しなければならはい.

えーと。解説の方が長い。。。
何回、耐力、言いますねん。笑

大きい方と大きい方足したら、フルMAXのチカラがあるってなっちゃうしね。
今までの各科目の最高点が、僕の最高点ではないやん。
ちょっと違うか。笑
とりあえず、この問題は、ちょー頻出。笑

S造とかRC造の問題で、『和』て出てきたら、『それぞれやなくて?』と疑ってみる方が良さげ。
ドツボにはまらんようにしなきゃアカンけど。

a0df13a5.jpg

あと、「地下」部分に作用する地震力も、ど定番問題。

おまけで、最近出題されてないっぽいけど
13205 → ×
杭の極限鉛直支持力は,一般に,「杭先端の抵抗力」と「杭周面の摩擦抵抗力」のうち,小さいほうの値とする

18203 → ×
極限周面摩擦力は,砂質土部分の極限周面摩擦力と粘性土部分の極限周面摩擦力のうち,小さいほうの値とする

これは和。極限やもんね。全員(力)、総出動!!て感じかな。
あと18日!!
2019.07.02 DAY238 ボルト
すぐ酔う(真っ赤になる)けどお酒は好きな、あーです。
それでも今は最小限。もともと晩酌もしてないし、
週末にお誘いされる飲み会にもほとんど不参加です。
受験生だから。笑

ということで、長らく顔を出してないけど、
学生時代からお世話になってる先輩が脱サラして大衆酒場を。
そのお店が開店一周年でした。

IMG_3863.jpg

同期の友人と先輩と3人での近況報告会的な飲み会が
ここ20年ほど年に1,2回あります。
もう20年にもなるのか、と今、きづいた!!笑

そして僕が学生の時に父親が立ち上げたうちの会社も、
もうすぐ20年!

で、試験まではあと25日!!

ということで(?)今日の過去問キーワード検索は「20mm」
の×問で。

【構造】23302 → ×
ボルト孔の径は,ボルトの径より2mmを超えて大きくしてはならないが,ボルトの径が20mm以上であり,かつ,構造耐力上支障がない場合においては,ボルトの径より3mmまで大きくすることができる

20㎜の話というより、1mmの話。笑
ボルトの孔径は,ボルトの径より1mmを超えて大きくしてはいけない。
でも、ボルトの径が20mm以上あって、かつ、構造耐力上支障がない場合においては
ボルト孔の径をボルトの径より1.5mmまで大きくすることができる

で、このボルト孔径問題は、出題科目いろいろ。

【法規】16093
鉄骨造の建築物において,高力ボルト接合を行う場合,高力ボルト孔の径は,原則として,高力ボルトの径より2mmまで大きくすることができる

これは〇。高力ボルトだから。
だから2mm。

【構造】19251
高力ボルトの径が27mm以上で,かつ,構造耐力上支障がない場合において,高力ボルト孔の径は,高力ボルトの径より3mmまで大きくすることができる

これは3mmの話で、〇。
高力ボルトで27mm以上だから。

【施工】19143 → ×
F8T相当のM20の溶融亜鉛めっき高力ボルトの孔径については,F10TのM20の高力ボルトの最高孔径より1.0mm大きくした

ちょいと変化球。
めっきの付着による径の拡大を考慮して、孔を大きくすることはしない。
F8T相当のM20の溶融亜鉛めっき高力ボルトの孔径もF10TのM20の高力ボルトの孔径も22mmとする
これ、ウラ模試にも出てたな。笑

ボルト穴(及び試験関係)が写ってる写真をほりだすと・・・

IMG_1919.jpg

柱梁接合部。ボルト取り付け前。
摩擦面は未塗装。
ただ、これはダイアフラムを使わない特別な箇所(NDコアてのを使用)。

IMG_1924.jpg

赤さび。笑
添え板。
中間スチフナー。
あ、溶接もあるな。

引き出し上手に整理して、臨機応変に。
お酒は呑んでも飲まれるな。