FC2ブログ
今日から一人暮らしの、あーです。
奥さまからの「しばらく実家に帰らせていただきます」的なことです。

というのも、他県に住む義姉さんが子ども連れて帰省してきたので、
そのお世話?集合?として、帰っていきました。
車で10分ちょいの、同じ市内の実家に。
なので、少なくとも今週いっぱいは猫たちと静かな日々です。

だから今日は早めの時間からリビングで勉強してみました。
さあ、ペース上げていかなくては。

さてさて、今日の過去問キーワード検索は「帰」
帰着、復帰、帰属、(責に)帰すなんかで21件ヒット。
設備、計画、施工から。
kaisei03.jpg

30251  → 〇
四会連合協定「建築設計・監理等業務委託契約約款」による監理業務委託契約において,委託者受託者双方の責めに帰すことができない事由により受託者が監理業務を行うことができなくなった場合,受託者は,委託者に対し,既に遂行した業務の割合に応じて業務報酬を請求することができる。

30252 → ×
四会連合協定「建築設計・監理等業務委託契約約款」による監理業務委託契約において,受託者は,委託者の契約の違反により,受託者に相当な損害が生じたときは,委託者がその責めに帰すことができない事由によることを証明した場合であっても,契約の違反についての別段の定めを規定した場合を除き,委託者に対し,その賠償を請求することができる。

出来ない場合があるんですよ。
どういう時?
委託者がその責に帰すことができない事由によることを証明したときは,できないんですよー。

アリさんがしゃべっているように解いてみました。笑
講習会余韻。笑

でも実際、アリさんゴマさんに限らず、誰かがしゃべってたこと物真似でも、
同じようにいうと、案外覚えられるんじゃないかと。
先生たちのように、トントントンと流れるように、
知識を言葉に出来れてば、引き出し整理できてるんちがうかな、と。

そんなことも思いながら、通勤道中は講習会の音声を聞きまくってます。

あと、この手の問題は、法規にしろ施工にしろ、「誰が誰に問題」が多い。
入れ替わったり、違うの持ってきたり。
受託者委託者。監理者発注者受注者。建築主事建築主。

早口言葉みたい。笑

でもまあ、この問題不正等だったり、学科試験不合格になるのは、
いや、合格するのは
「責に帰す」はずだから、頑張るしかない!あと17週!!
スポンサーサイト
猫背が定着してしまっている、あーです。
PC作業に限らず、講習会中でも運転中でも気が付けば猫背です。
たぶん、我が家の猫たちより猫背です。

大きい体ですが、もう少し姿勢良くしよう。
きっと姿勢良く勉強した方が賢くなれると思う。(根拠ないけど)

さて、その猫背のずっとなってたウラ指導講習会法規3。
内装制限に、防火、耐火、防火区画に。
「火」の一日でした。
今日も満腹ですが、体系づけするには、つながりがある方がいい。
だから、今日の分野もそれそれ引き出しを個別にせず
上手に整理すればも少し余裕をもって解けそう。

どこで燃える火か、
どこを燃やす火か、などなど

どんどん出題と、法令のレイヤーを間違えないように。
なんだかもう少しでコツが掴めそうな、気もする。
それ以上に、まだまだな気もするけど。苦笑

法規はコツ掴めば高得点科目。

がんばろう!!

さて、過去問検索代わりに
講習会後半の演習問題。
(東京、仙台は今から講習会があるみたいですが、、、
まあ、そこに参加する人でこのブログを読んでる人は数少ないと思いますので)

IMG_2862.jpg

①は有料老人ホーム → 児童福祉施設等 → 特建 → 令128条の5第1項
  → 難燃材料 までいけるかどうか
②令128条の4第2項 3階以上、500㎡を超えているかのジャッジ と
  令128条の4第一号 ホテル、3階以上、300㎡を超えているかのジャッジ

③ 主要構造部の耐火構造
ちなみに、普通の略図だと耐火構造の有無が分からないので、
耐火構造と書いてあったら骨組太くしてます
住宅以外の場合は長方形のイメージ図。

木三学

うんうん。ついていけてぞ。
ちょっと②がダブルチェックできてなかったけど。
(先に③が目に入ったし、先走った感)

ちなみにこの演習問題は去年度のウラ模試1からの抜粋だというので、、、
自分のデータを探してみました。
m1-3-takami.jpg

すっかすかやな、2018の自分。笑
見事に間違えてるな。笑


よし、成長成長。あと17週!!
2019.03.23 DAY138 建築制限
娘が一年間皆勤賞だったので驚いてる、あーです。
僕は今まで、皆勤賞というものに縁が無いなー。

昨年のウラ指導講習会も皆勤してないしー。笑

でもまあ、今年も通うことになって、
皆勤できるかどうかは都合によりますが、
受講態度は変わった気がする。変えてるつもりです。

ん?態度、ではないですね。。。笑
必死で臨んでます。笑

講習会までのその分野に対する知識の整理がどれだけできているか。
それによって、講習会中、講習会後の理解度が全然違う気がしてます。
(毎回書いてるかも)

去年は講習会マジックにやられ(モチベーションアップ、出来る感覚アップ)、
「講習会に出ればなんとかなる!!」というスタンスでした。
今年は、せっかくの講習会。各分野1回しかないのだから、
時間を無駄にしないように、質問をつくりに行く、のではなく
質問疑問をクリアにしに行くスタンスです。

さ、そんな今日はウラ指導法規講習会でした。
必死に予習、と思いつつもやっぱり足らずのところもありました。
建築制限に、建蔽率、容積率計算、高さ制限。。。

それでも1番クリアになったのは、高さ制限の敷地に高低差のある場合。
一号、二号、三号と結構順序立てて解けるようになったのに、
高低差のある場合、正解不正解がまばら。。。
なんでかなーーーーーー
といつももやもやしていたものが、
なーるほど!!
と、いつも1段階すっとばしていたことを見つけれました!
(今さらではあるけれど。。。)
あ、ついこの前もしょーもない間違いしてたけども。

で、がっつり講習会で満腹になりつつも、
有志で(幸か不幸かリベンジ組ばかり)
H28法規のワークショップ?をしました。

IMG_2861.jpeg

写真は建築制限。H28-17
他人と解答(解き方)見比べ、フォーカスポイントの確認。
プラス、自分の間違えをさらし、人の間違え方を確認し、
というワークショップ。掲示板レクチャーのリアルタイム版。

この方法、僕はとっても学びになるんですー。
なった気になってるのかもだけど。苦笑
またしたいなー。言いだしっぺしようかな。

そして、自分の解答も、解いてから数日たって、
再度考え直す(見直す)と、集中して解いてるときと
集中きれてるときがある。。。 

頭働いてへんやん。。。と我ながら。
描き出したメモのどっから引っ張り出しのか、と思ったり。

春分の日だからー!
春になったからー、半そででOK!
みたいな。ちょっと待て待て自分。苦笑

やっぱり、冷静に淡々とジャッジしていきたい。笑
自習室に行ったら、そのビルに営業に来ていた同級生に会い、
そのまま飲みにいきそうになった、あーです。
さすがに今日は行ってません。笑
その同級生とは親同士も同級生で、子ども同士も同級生で。笑
本人たち(僕とその子)は、「今日どう?明日どう?」的な勢いで
年に1,2回呑みにいく仲です。笑

さて、法規。
計算問題、こなしてみました。
IMG_2836.jpg

ささっと解いて(解いたつもりで)、あっさり間違えました。。。
なんと答えが4択に無い!

係数?1.25とか1.5。
隣地規制の起算点の20mとか31m。
そういうところに注意が足りませんでした。。。

答えがなかったので戻ってきたけど、
これ選択肢に紛れてたら、落としてたやろうなああ。

冷静に、機械的に、準備してから計算。

力学と一緒。
いや、どんな問題でもか。

呑みに行くのは勢いでもOK
(いや、この時期、OKじゃない気もする。。。)

でも試験は準備が大事。
準備できたらあとは冷静に。

よし、がんばろう!
2019.03.21 DAY136 おはぎ
きなこのおはぎが大好きな、あーです。

我が家(実家)は昔からお彼岸はきなこのおはぎ派でした。
あんこじゃなくて。しかも中に餡を入れるのとかではなくて、
単純にお米ともち米半々のやつにきなこでコーティング?するやつ。
でも奥さまは和の甘い系が苦手。笑 餡子とか。
で、むすめは、きなこおはぎ大好き。笑

お彼岸のおはぎは、今も実家の母が届けてくれます。
(5分とかからないところなので)
で、僕と娘はそのまま朝ごはんにおはぎを。

昔(僕が小学校のころ)は、家族も多かったのもありますが、
昼前に母とおばあちゃんが作って、
昼も夜も食卓に並んでた記憶が。。。

今は数個食べるだけですが、我が家なりの時期のモノです。
ということで、春分の日問題を検索してみました!
学科Ⅱ環境で7問ヒット
日射量、日射時間、日影問題、、、
もっとあるかと思ったんですが、。日射量のグラフで見るからかなー
1387770227.jpg

スミトやらミストやらサイコロやら覚え方があるやつ。
たぶん、このブログの最初の方にも書いたな、このネタ。笑

あれ、まだまだ過去問あるのに、
ちょいちょいピックアップするところが被り始めた!
偏ってますね。もっと守備範囲ふやしていこう。

でもまあ、せっかくなんで積み重ねます。
27064
北緯35度の地点における春分・秋分の日の終日日射量は,終日快晴の場合,どの向きの鉛直面よりも水平面のほうが大きい.

うんうん、定番ね。

ちなみに時間問題。
23063 → ×
北緯35度の地点における南向き鉛直壁面の1日の可照時間は,春分の日及び秋分の日が12時間で最長となり,冬至の日が最短となる

数字?時間の暗記だとしんどいけれど、ざっくりイメージ図を描けば
大小関係(長い短い)は、なんとなく導きだせそうな。
合格物語にあるような、イメージ図ね。

やっぱりイメージの書き出し重要だなあー。
手を動かして頭動かして、ということだな。

だからではないけど、長期間使っていたアイパッドを機種変更して、
昨年発売のiPad プロにしました!! 
旧のは娘・奥さま用に在宅勤務に。笑
ペンシルも付けたので、こっちでも手を動かす態勢はとれたー!
全然、使いこなせてないけど。苦笑

懐かしいおはぎと最新のiPad。
2019の春分の日に、こんな話してるとはおもわなかったなー。笑
来年は、「もうすぐ春休み♪」と娘とウキウキできるように、
よし、がんばろう!